FC2ブログ

長寿の秘訣 自己啓発

高齢化社会を 快適に生きる知恵を 



長寿の秘訣 自己啓発>> インタ-ネット >> 国内株式市場見通し
2020-12-20

国内株式市場見通し

12-20 日経平均29年ぶり27000円に挑戦へ

■日経平均は高値もみあい
TOPIXは一時1800ポイント回復

今週の日経平均は、週間ベースで反発した。
FDA(米食品医薬品局)が製薬大手ファイザーの
新型コロナワクチンの緊急使用許可を承認した
ことなどを好感して11日のNYダウは3日ぶりに反発。

週明け14日の日経平均は、12月の日銀短観が改善
したことから朝方に前週末比217.95円高まで上昇
する場面があった。しかし、感染拡大や自粛要請の
広がりへの警戒感も強く、買い一巡後は上値の
重い展開となった。大型株が上昇を主導するなか
TOPIXは2018年10月以来となる1800ポイントを
一時回復した。14日のNYダウはニューヨーク市長が
ロックダウン実施の可能性を示唆したことを嫌気
して反落。15日の日経平均も小反落して始まると
政府が観光需要喚起策「Go Toトラベル」を全国で
停止と発表したことを嫌気して後場は一時下げ幅
を拡げた。ただ、押し目買いも根強く大引けに
かけては下げ幅を縮小し、この日の寄り付き値
近辺で大引けた。物色面では水素関連のテーマ物色
が続き、水素サプライチェーンの事業化の検討を
開始と発表した川崎重工<7012>などの上げが目立った。

米モデルナが開発した新型ワクチンの緊急使用認可
や追加経済対策への合意期待などから15日のNYダウは
前日比337.76ドル高と大幅反発。この流れを好感して
16日の日経平均もギャップアップでスタートし
12月7日につけた取引時間中の年初来高値26894.25円に
迫る場面があった。ただ、FOMC(米連邦公開市場委員会)
の結果を目前に模様眺めムードが広がり上げ幅を縮小
して大引けた。米国時間16日に明らかとなったFOMCの
声明では追加緩和は見送られた。11月の小売売上高が
市場予想を下回ったこともあり16日のNYダウは反落。
これを受けて17日の日経平均は小幅安で寄り付いた
ものの、FRB(米連邦準備理事会)が量的緩和を
「完全雇用と物価安定に近くづくまで」長期間継続する
姿勢を示したことが安心感につながり、値がさグロース株
の上昇が牽引役となり小幅続伸で大引けた。

個別では、自社株買い実施方針が報じられたかんぽ
生命保険<7181>が急伸した。追加経済対策を巡り与野党が
合意に近いとの見方が強まり、17日のNYダウは反発
ナスダック総合指数も4日続伸した。ただ、週末を控えた
18日の日経平均は小幅安でスタート。朝方寄りつき後には
すかさずプラス圏に切り返す場面もあったが、新型コロナ
新規感染者数が全国で過去最多を更新中であるほか、海外
市場で為替が一時1ドル=102円台となる円高を付けたこと
から警戒感も強く、後場の日経平均はマイナス圏で推移した。
前日に1万円大台を回復したソニー<6758>は続伸した。
日経平均は43.28円安の26763.39円と3日ぶりに小反落して
大引けた。

■米追加経済対策が焦点に

来週の日経平均は、1991年4月以来29年ぶりとなる27000円台
挑戦が期待される。国内では新型コロナウイルスの1日当たり
新規感染者数が全国で3200人超と過去最多を更新したほか
海外ではマクロン仏大統領が感染したなどと感染拡大による
経済停滞の懸念は強まっている。また、為替の円高基調や
英国とEU(欧州連合)の通商交渉の停滞などへの警戒感もある。

こうした中でも12月第3週の日経平均は、上限26800円台
下限26600円台の狭いレンジでの往来相場に終始している。
12月に入り26800円台の壁が意識されているものの、日経平均
は12月のメジャーSQ(特別清算指数)値26713.47円を上回って
推移しており、下値の堅さも強く意識されており、売り仕掛け
的な動きは限られてきそうだ。FDAによるモデルナのワクチン
承認、国内ではファイザーのワクチン承認と、新型ワクチン
接種のスケジュールも具体的に進展している。

日経平均は新型コロナの感染拡大や為替の円高に対して大きく
下振れを起こすことなく「打たれ強さ」が強まっている。
米国市場は18日のSQ通過と21日にテスラがS&P500種株価指数
の構成銘柄に新規採用されることで需給面での大きなトピックス
を通過する。そして、年内に9000億ドル規模(邦貨換算で約93兆円)
の米追加経済対策が上下両院で法案が可決される可能性が高まって
おり、これが実現すると日経平均は27000円台乗せに挑戦する動きが
期待される。日経平均が26000円台で膠着感を強めるなか物色の流れ
はバリュー、グロースに偏らない循環物色が続いており、当面はこれ
が継続することになりそうだ。

■トヨタ8000円台乗せ、ソニー大台替えが刺激

17日には、トヨタ自動車<7203>が2月の年初来高値8026円を更新して
8000円台乗せ、ソニー<6758>が19年ぶりに1万円の大台に乗せた翌18日
も続騰したことで市場のムードを好転させた。また、高値もみあいを
上放れた任天堂<7974>が週間で10%を超える大幅高をみせ、2007年11月
にマークした上場来高値73200円が意識される展開となるなど、日本を
代表する企業の株価にシンボリックな動きが出てきていることが物色
意欲を刺激している。一方、15日から再開されたIPO(新規上場)も活況だ。
翌週は合計12銘柄のIPOが控えている。ただ、年末を控えていることも
あり、利益確定売りを急ぐ動きも加味されてIPO周辺株は荒い値動きと
なることが警戒される。全般は市場参加者の減少に伴う商いの後退も
予想され、個別株物色が高まってくる地合いが形成されよう。
このほか、翌週は21日に西松屋チェーン<7545>、24日に自転車チェーン
のあさひ<3333>、出前館<2484>、25日にニトリホールディングス<9843>
高島屋<8233>と小売業を中心とする決算発表が予定されている。

■IPOラッシュ、米11月個人支出、クリスマス休場

来週の主な国内経済関連スケジュールは
23日に10月28・29日の日銀金融政策決定会合議事録公表
24日に11月企業向けサービス価格指数
25日に11月失業率・有効求人倍率、11月商業動態統計が
、発表される予定だ。
このほか、21日から25日にかけて12銘柄が東証にIPOの見込みだ。

一方、米国など海外主要スケジュールは
21日に米電気自動車メーカーのテスラがS&P500種株価指数
、の構成銘柄に新規採用
22日に米7-9月期GDP確報値、米11月中古住宅販売件数
23日に米11月個人所得・個人支出、米11月新築住宅販売件数
、米11月耐久財受注、米10月FHFA住宅価格指数
の発表が予定され、24日は、クリスマス・イブのため米英
など短縮取引、25日はクリスマスのため米英などが休場となる。

    
trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメントの投稿
Secre

カテゴリ
プロフィール

kinunsh

Author:kinunsh
FC2ブログへようこそ!

最新記事  本日の出来事
最新トラックバック
競輪当日出目予想
競輪当日出目予想無料配布 ダウンロ-ドしてお使いください。
ダウンロ-ド

出目決定率アップで競輪を楽しむ
競輪出目予想オリジナルデ-タ
競輪出目予想オリジナルデ-タです。 出目的中率を上げるデ-タ無料配布
長寿の秘訣・自己啓発
長生きには必須 自己啓発 本能活性化の回春剤に
自己啓発について
加齢と共に生きる難しさを
楽しく生きることにする。
今年も、1月が終わり、2月になりました。 新型コロナウイルスで、大変な事に なって居ますが、人類が進化するには 大事な事で、早く治療薬開発で収束する事。 社会は、常に変化を遂げ、時代はすすむ。
ストレスを解消する手立てを。
まずは、目標を決めると良いだろう。
何事も意識する事で事が動く。
人々を楽しませる事が、根底にある事

今年、良い目標が有りました。
女子プロゴルファ-しぶこでした。
ル-キ-イヤ-突っ走る


京都橘吹奏楽部パワ-UP
令和元年 新生橘高校吹奏学部始動
ハツラツ1年生も加わる大所帯に
新しいパワ-を貰おう。
ブラスエキスポ2019 パレ-ド
新1年生参加 初めての桜 街頭パレ-ド
東京ビックサイト アトリウムステージ
東京ビックサイトアトリウムステージ
屋外マ-チングパレ-ド

盲目の天才ピアニスト・辻井伸行
すがすがしい音、心が洗われる
新天皇 新元号「令和」
ベートーベン皇帝を聞いてみた。
ベートーベン“皇帝

彼のフリ-の曲は少ないが
コンサ-トペ-ジ
URL:FC2 奇跡の人辻井伸行

生活と健康
趣味のペ-ジ
PCについて、趣味のペ-ジで 技術的なお得なレポ-トを お届けします。

BS・BSジャパン・BSNHKプレミアム受信出来ず
今、12月開始の4K・8K放送設備に
よる機器の変更がBSで行われている
それに伴い周波数帯域の見直しも
行われていて、PT3.PX-系TS抜き
チュ-ナ-では設定を変更しないと
受信出来なくなっている。
変更を調べたので、こころあたりの
あるかは参考にして欲しい。
URL
設定変更サイト
長寿の秘訣・自己啓発
まぐまぐ メルマガ 
パソコン よろず勉強会のメルマガの購 読が出来ます。 PCの最新の情報が取得できます。