FC2ブログ

長寿の秘訣 自己啓発

高齢化社会を 快適に生きる知恵を 



長寿の秘訣 自己啓発>> インタ-ネット >> 国内株式市場見通し
2021-02-07

国内株式市場見通し

02-07 決算シーズン佳境入り
日経平均29000円突破なるか

■投機問題の落ち着き受けて下落分取り戻す

今週の日経平均は大幅反発となった。
前週末にかけての波乱要因となった米国市場での
投機取引に関する問題については、米国当局が
調査を始めたことから混乱は早期に収束する
との見方が強まり、週初1日から2日は急速に
買い戻しが進んだ。
更に3日には、米バイデン政権が掲げる大規模
な追加経済対策について、民主党が財政調整法
を活用して単独で成立させる手続きを進めて
いると伝わり、共和党との協議により規模縮小
もやむなしと思われていた中でのポジティブ
サプライズと受け止められ、これを背景に
日経平均は一段高、3日間で前週の下落分に
相当する1000円を完全に取り戻した。

4日はそれまでの急ピッチでの戻りに対する
短期的な過熱感から利益確定売りが優勢と
なったが、週末5日には堅調な米株市場を背景
に改めて買いが優勢となった。
物色動向としては、週前半は前週にかけて
売られたグロース(成長)株やハイテク株に
対する買い戻しが散見されたほか、決算を
手がかりに景気敏感株への買いもみられた。

週半ばの3日からは、米追加経済対策に関する
報道を背景に米長期金利が上昇したこともあり
景気敏感株の買いが一層強まるなかグロース株
・ハイテク株は改めて売りに押される展開に。
そのほか、国内での新型コロナウイルス新規
感染者数が減少傾向を示したことも追い風に
鉄道や航空、百貨店、人材サービスなど出遅れ
感のある銘柄への買いも目立った。
週を通じてこれまで好調だったグロース株
・ハイテク株が売られる一方、景気敏感株や
旅行関連といった出遅れ株が買われる
リバーサル(反転)の動きが際立った一週間だった。

■循環物色進展で上昇素地整うか

来週の日経平均は堅調な展開が想定される。
前週大きな波乱となり調整局面入りも想定させた
米国市場での投機問題は一先ず収まり市場は
冷静さを取り戻した。今後の規制強化等の動き
には引き続き注意が必要だが、今週の大幅反発
の動きを見る限り、大きく下落した局面は買い
遅れた投資家にとっての絶好の押し目買い局面
だったということだ。年末年始の急ピッチの
相場を指をくわえて眺めていた投資家がそれだけ
多かったのだろう。世界の中央銀行による量的
緩和政策に大きな変更がない限りは過剰流動性
に支えられた底堅い相場が継続していく可能性
が改めて確認された。

1月第4週(1月25~29日)の投資主体別売買動向
では、海外投資家は現物株を第3週の1500億円
近い規模に続いて300億円ほどと小幅な売り越し
を継続し、海外勢による現物株の買い越し基調
には一服感がみられた。
一方、個人投資家は現物株を4000億円近く買い
越してきており、第3週の2000億円近い水準から
倍増している。上昇相場前半は海外投資家が
主体だったが、海外勢の動きが一服したところで
これまで売り方に留まっていた個人投資家が買い
の主体に回ってきており、需給環境は悪くない
ようだ。こうした中、主力企業の10-12月期決算
がいよいよ佳境に入ってくる。
これまでのところ、市場予想や事前の会社計画を
大きく上回ってくる好決算が多く、株価も
ポジティブに反応する銘柄が多い。
アナリスト予想の上方修正数から下方修正数を
差し引いたリビジョンインデックスもプラス幅
を拡大してきており、業績改善傾向を背景とした
日本株の見直し買いの継続を期待したい。

1月には、国際通貨基金(IMF)が世界経済見通し
を改定し日本の2021年の成長率見通しを3.1%
(+0.8pt)と上方修正した。経済指標などを基に
投資戦略を決めるグローバルマクロと呼ばれる
ヘッジファンドが存在することが背景ともされて
いるが、IMFが日本の経済成長率見通しを引き上げ
た翌月には海外勢が日本株を買い越してくる動きが
経験則としてみられるという指摘もある。

2月に入ったということで、アノマリー的には
「節分天井・彼岸底」というキーワードも意識される
が、今月は上述の背景から底堅い展開を期待したい。
また、今週は、「グロース株・ハイテク株売り
景気敏感株・出遅れ株買い」の動きが顕著だったが
こうした循環物色はこれまでにも何度も見られており
今回も売り一巡後には再びグロース株・ハイテク株へ
の押し目買いが期待される。

2月4日には米10年物国債の長期金利が1.146%と1月11日
に付けた1.143%を上回る水準にまで上昇してきており
こうした金利高がバリュエーション面での割高感が意識
されるグロース株の重しとなっているとも考えられるが
米連邦準備制度理事会(FRB)が量的緩和政策を継続して
いる限りは長期金利の継続的な上昇は考えにくい。
グロース株の本格的な調整目処とされる金利水準は1.5%
という声が多いことからも過度な警戒は不要だろう。
業績改善期待と量的緩和に支えられた低金利という環境を
背景に、景気敏感株・バリュー(割安)株とグロース株
・ハイテク株の間での循環物色が一層進めば、日経平均
の29000円超え、そして大台の3万円超えも見えてこよう。

■景気敏感株優位の展開継続か、グロース・ハイテク株
への押し目買い一考も

足元では、ワクチン普及加速への期待とともに、米国民主党
政権が財政調整法を活用して単独で経済政策を成立させるとの
期待感も高まっており、業績改善を裏付ける好決算や米長期
金利の上昇などとも併せて考慮すれば、地合いとしては相対的
な割安感が意識される景気敏感株優位の展開の継続が想定される。
しかし、5Gや電気自動車(EV)など裾野が広く成長ストーリー
が明確な半導体などハイテク株やグロース株への期待感も根強い
とみられ、調整一巡感がみられるところではこれら銘柄への
押し目買いを一考するのも長期的には奏功すると思われる。
そのほか、日米金利差の拡大や投機筋のドル売りポジションの
解消を受けて、円安・ドル高傾向が顕著になってきている。
こうした為替動向も追い風に自動車など輸送用機器セクターへ
の買いも継続しそうだ。

■1月景気ウォッチャー調査、1月工作機械受注など

来週の主な国内スケジュールは
8日に1月景気ウォッチャー調査
9日に12月毎月勤労統計、1月マネーストック、1月工作機械受注
10日に1月都心オフィス空室率、11日は建国記念日で休場
12日はオプションSQ(特別清算指数算出日)などが予定されている。

一方、主に米国など海外では
10日に中国1月生産者物価指数、中国1月消費者物価指数
、米1月消費者物価指数、米1月財政収支などが予定されている。

    
trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメントの投稿
Secre

カテゴリ
プロフィール

kinunsh

Author:kinunsh
FC2ブログへようこそ!

最新記事  本日の出来事
最新トラックバック
競輪当日出目予想
競輪当日出目予想無料配布 ダウンロ-ドしてお使いください。
ダウンロ-ド

出目決定率アップで競輪を楽しむ
競輪出目予想オリジナルデ-タ
競輪出目予想オリジナルデ-タです。 出目的中率を上げるデ-タ無料配布
長寿の秘訣・自己啓発
長生きには必須 自己啓発 本能活性化の回春剤に
自己啓発について
加齢と共に生きる難しさを
楽しく生きることにする。
今年も、1月が終わり、2月になりました。 新型コロナウイルスで、大変な事に なって居ますが、人類が進化するには 大事な事で、早く治療薬開発で収束する事。 社会は、常に変化を遂げ、時代はすすむ。
ストレスを解消する手立てを。
まずは、目標を決めると良いだろう。
何事も意識する事で事が動く。
人々を楽しませる事が、根底にある事

今年、良い目標が有りました。
女子プロゴルファ-しぶこでした。
ル-キ-イヤ-突っ走る


京都橘吹奏楽部パワ-UP
令和元年 新生橘高校吹奏学部始動
ハツラツ1年生も加わる大所帯に
新しいパワ-を貰おう。
ブラスエキスポ2019 パレ-ド
新1年生参加 初めての桜 街頭パレ-ド
東京ビックサイト アトリウムステージ
東京ビックサイトアトリウムステージ
屋外マ-チングパレ-ド

盲目の天才ピアニスト・辻井伸行
すがすがしい音、心が洗われる
新天皇 新元号「令和」
ベートーベン皇帝を聞いてみた。
ベートーベン“皇帝

彼のフリ-の曲は少ないが
コンサ-トペ-ジ
URL:FC2 奇跡の人辻井伸行

生活と健康
趣味のペ-ジ
PCについて、趣味のペ-ジで 技術的なお得なレポ-トを お届けします。

BS・BSジャパン・BSNHKプレミアム受信出来ず
今、12月開始の4K・8K放送設備に
よる機器の変更がBSで行われている
それに伴い周波数帯域の見直しも
行われていて、PT3.PX-系TS抜き
チュ-ナ-では設定を変更しないと
受信出来なくなっている。
変更を調べたので、こころあたりの
あるかは参考にして欲しい。
URL
設定変更サイト
長寿の秘訣・自己啓発
まぐまぐ メルマガ 
パソコン よろず勉強会のメルマガの購 読が出来ます。 PCの最新の情報が取得できます。