FC2ブログ

長寿の秘訣 自己啓発

高齢化社会を 快適に生きる知恵を 



長寿の秘訣 自己啓発>> 政治・経済 >> 米バイデンが同盟結集
2021-02-21

米バイデンが同盟結集

02-21 NATO・クアッド・G7・MSC…反中戦線を本格始動

17日(現地時間)米国・ヨーロッパ間の軍事同盟
である“NATO(北大西洋条約機構)”加盟国間に
おける国防相会議につづき、18日には 対中けん制
のための4か国(米国・日本・インド・オーストラリア)
協議体“クアッド(Quad)”加盟国間の外相会議
19日にはG7(主要7か国)首脳会議・ミュンヘン安全
保障会議(MSC)などが次々と開かれる。
これら一連の会議を通じて 先月発足したジョー
・バイデン米政権は、いわゆる「同盟結集」のための
多国間外交を本格的に始動することになる。
また すでに全方位的な対中攻勢を予告している
バイデン政権にとって、今回 国際社会の反中戦線
構築が試されることにもなる。

この日から2日間 オンラインで開かれるNATO国防相会議
の核心的議題は、NATO軍のアフガニスタン駐屯問題だが
実際には ドナルド・トランプ前米政権による防衛費増額
圧力・在独米軍撤退問題などで悪化した米国とヨーロッパ
同盟国との関係を回復し、反中戦線拡大のために
「戦列を整える」ことがその中心となるものとみられる。

また トランプ前米政権から継承した“クアッド”による
反中戦線の核心であるアジア・太平洋地域での同盟強化は
バイデン政権にとって必要十分条件である。
一部では 韓国などの加入により、クアッドを拡大させる
という見方も出ている。

G7においても同様である。すでにバイデン大統領は 同盟国
たちによる集団的競争力強化のために、中国などによる
経済的挑戦を打破し、世界的規範を更新する問題の重要性に
ついて論議するだろうと米ホワイトハウスは明らかにしており
事実上 「対中糾弾場」になるだろうという見方が多い。
今年の議長国である英国そしてカナダが 中国との神経戦を
繰り広げていることも、更なる要因になるとみられる。

加えて バイデン大統領は、安保分野のダボス会議という評価
を受けているMSCでの演説で、米国・ヨーロッパ間の同盟の
重要性を強調する予定である。

    
trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメントの投稿
Secre

カテゴリ
プロフィール

kinunsh

Author:kinunsh
FC2ブログへようこそ!

最新記事  本日の出来事
最新トラックバック
競輪当日出目予想
競輪当日出目予想無料配布 ダウンロ-ドしてお使いください。
ダウンロ-ド

出目決定率アップで競輪を楽しむ
競輪出目予想オリジナルデ-タ
競輪出目予想オリジナルデ-タです。 出目的中率を上げるデ-タ無料配布
長寿の秘訣・自己啓発
長生きには必須 自己啓発 本能活性化の回春剤に
自己啓発について
加齢と共に生きる難しさを
楽しく生きることにする。
今年も、1月が終わり、2月になりました。 新型コロナウイルスで、大変な事に なって居ますが、人類が進化するには 大事な事で、早く治療薬開発で収束する事。 社会は、常に変化を遂げ、時代はすすむ。
ストレスを解消する手立てを。
まずは、目標を決めると良いだろう。
何事も意識する事で事が動く。
人々を楽しませる事が、根底にある事

今年、良い目標が有りました。
女子プロゴルファ-しぶこでした。
ル-キ-イヤ-突っ走る


京都橘吹奏楽部パワ-UP
令和元年 新生橘高校吹奏学部始動
ハツラツ1年生も加わる大所帯に
新しいパワ-を貰おう。
ブラスエキスポ2019 パレ-ド
新1年生参加 初めての桜 街頭パレ-ド
東京ビックサイト アトリウムステージ
東京ビックサイトアトリウムステージ
屋外マ-チングパレ-ド

盲目の天才ピアニスト・辻井伸行
すがすがしい音、心が洗われる
新天皇 新元号「令和」
ベートーベン皇帝を聞いてみた。
ベートーベン“皇帝

彼のフリ-の曲は少ないが
コンサ-トペ-ジ
URL:FC2 奇跡の人辻井伸行

生活と健康
趣味のペ-ジ
PCについて、趣味のペ-ジで 技術的なお得なレポ-トを お届けします。

BS・BSジャパン・BSNHKプレミアム受信出来ず
今、12月開始の4K・8K放送設備に
よる機器の変更がBSで行われている
それに伴い周波数帯域の見直しも
行われていて、PT3.PX-系TS抜き
チュ-ナ-では設定を変更しないと
受信出来なくなっている。
変更を調べたので、こころあたりの
あるかは参考にして欲しい。
URL
設定変更サイト
長寿の秘訣・自己啓発
まぐまぐ メルマガ 
パソコン よろず勉強会のメルマガの購 読が出来ます。 PCの最新の情報が取得できます。