FC2ブログ

長寿の秘訣 自己啓発

高齢化社会を 快適に生きる知恵を 



長寿の秘訣 自己啓発>> インタ-ネット >> 国内株式市場見通し
2021-03-07

国内株式市場見通し

03-07 ■米金利動向に神経質な展開
パウエル議長発言で週末急落

今週の日経平均は引き続き米長期金利(10年物国債)
の動向に一喜一憂する展開となった。
週初は急騰していた米長期金利の落ち着きを受けて
半導体など中心にハイテク株が大きく買い戻され
日経平均も700円程反発して2月26日の急落分の
半値戻しを達成。翌2日は米ISM製造業景況指数が
市場予想を上回る数値だったが、過度なインフレ
加速懸念には繋がらずにむしろ相場はポジティブ
に反応、米株高の流れを受けて日経平均も
一時3万円目前まで上昇。しかし、3万円を一歩
手前に失速すると上値の重さが嫌気され
戻り売りに押された。
米連邦準備制度理事会(FRB)のブレイナード理事
が直近の債券市場について「非常に注意を払っている」
とし、金利動向をけん制する発言もあったが
2日の米株市場は週明けの相場急伸後に伴う利益確定
売りが優勢となりハイテク中心に軟調となった。

これを受けた3日の東京市場でもハイテク株が弱含んだ。
一方、鉄鋼や非鉄金属、商社など資源関連株が賑わった。
ADP雇用統計やISM非製造業景況指数が予想を下回った
ほか、金利の高止まりが嫌気され、ハイテク中心に
売りに押された米株市場の流れを引き継いで
4日の日経平均は大幅反落。半導体などのハイテクの
ほかファーストリテ<9983>といった値がさグロース株
も大きく売りに押された。
また、高騰していたニッケル価格の下落を受けて前日
に急騰していた住友金属鉱山<5713>など非鉄金属の
景気敏感系も利益確定売りが優勢に。

週末5日は、注目されていたパウエルFRB議長の発言に
おいて、期待されていた程の金利上昇をけん制する
内容が確認されなかったとして、米長期金利が上昇
するなか失望売りが優勢となり、日経平均は一時600円
程下落する場面があった。しかし、その後はアジア市場
の堅調な動きもサポート材料となり、後場から急速に
下げ渋る動きもみられ、下落幅は小幅にとどまった。

■メジャーSQなど前に神経質な展開か

来週の日経平均は、翌週に控える日米の中銀イベントを
前に引き続き米国の期待インフレ率や長期金利の動向に
神経質な展開が想定される。

まず週初は米雇用統計の結果を受けた米株市場の動きを
吸収する動きか。その後は、週末のメジャーSQ
(特別清算指数)を前にこう着感を強めそうだ。
ただ、週後半の海外材料には注意を払いたい。
米国時間10日には米2月消費者物価指数(CPI)
が発表される。これを反映するのは日本時間で11日。
足元で過大とも指摘される財政支出による景気過熱
インフレ加速、これを反映した米長期金利の上昇が
相場の関心事になっている。

FRBはインフレは起きても一時的なものとしているが
先走りがちな市場においては依然としてインフレ懸念
がくすぶっている。CPIで仮に強い数値がでると
相場も神経質に反応するかもしれない。

飲食・レジャーなどのサービス業はまだまだ弱く
食品・エネルギーを除くコアであれば弱い数値が出る
であろうが、これが市場に安心感を与えるとは考えにくい。
むしろ、ある程度想定内ではあるがエネルギーを含んだ
CPIで強い数値が出た場合には敏感に反応する可能性もある。
地合いが悪い場合は周知の事実でも弱い材料に反応しやすい
ことに留意しておきたい。

特に来週はメジャーSQがあるため神経質になりやすい面も
あるだろう。他方、現地時間11日には欧州中央銀行(ECB)
定例理事会がある。金利上昇をけん制する発言があれば
安心感をもたらす可能性もある。
そのほか、週末には1-3月期の法人企業景気予測調査がある。
これ自体が相場に大きな影響力を持つとは考えにくいが
足元、インフレや金利の動きに敏感になっているなか
実体経済の確かな裏付けとして企業の景況感の改善などが
示されれば、長期的な強気材料にはなろう。基本的には
翌週に予定されている米連邦公開市場委員会(FOMC)や
日銀政策決定会合を前に週末のメジャーSQもあるため
来週は週を通じて積極的な売買は手掛けづらいだろう。

ただし、広い視野でみれば実質金利は依然マイナスで
これがプラスになるほどの米長期金利の上昇は今のところ
考えにくい。パウエルFRB議長もインフレや雇用の目標は
程遠く緩和政策の長期化を度々強調しており、長期的な
視点からみた株式の相対的な魅力が失われたわけではない。

日経平均は今週末に一時日足の一目均衡表の雲上限近く
まで下げた後、後場は急速に値を戻すなど強い押し目
買いも見られた。こうした背景から調整一巡感もある
といえよう。

■幕間つなぎ的に中小型株物色

2月入り前後からみられた景気敏感株を中心とした主力大型
株優位の展開は10-12月期決算以降も続いてきた。
しかし、そうした動きもそろそろ一巡してくる頃合いか。
米FOMCを前に大型株は手掛けにくいという背景もある。
そうした中、幕間つなぎ的な形で中小型株優位な展開が期待
できそうだ。中小型株は流動性の観点から大型株に比べて
業績内容を織り込むのに時間がかかり、割安に放置されやすい
側面もある。これまで注目されてこなかった中小型株の妙味が
出てくるタイミングと考えたい。

■米CPI、メジャーSQなど

来週の主な国内外スケジュールは
8日に1月景気動向指数、2月景気ウォッチャー調査
9日に1月家計調査、10-12月期GDP改定値
10日に中国2月生産者物価指数、中国2月消費者物価指数
、米国2月消費者物価指数(CPI)、米国2月財政収支
11日に2月企業物価指数、欧州ECB定例理事会
12日に1-3月期法人企業景気予測調査、メジャーSQ
、米国2月生産者物価指数などが予定されている。

    
trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメントの投稿
Secre

カテゴリ
プロフィール

kinunsh

Author:kinunsh
FC2ブログへようこそ!

最新記事  本日の出来事
最新トラックバック
競輪当日出目予想
競輪当日出目予想無料配布 ダウンロ-ドしてお使いください。
ダウンロ-ド

出目決定率アップで競輪を楽しむ
競輪出目予想オリジナルデ-タ
競輪出目予想オリジナルデ-タです。 出目的中率を上げるデ-タ無料配布
長寿の秘訣・自己啓発
長生きには必須 自己啓発 本能活性化の回春剤に
自己啓発について
加齢と共に生きる難しさを
楽しく生きることにする。
今年も、1月が終わり、2月になりました。 新型コロナウイルスで、大変な事に なって居ますが、人類が進化するには 大事な事で、早く治療薬開発で収束する事。 社会は、常に変化を遂げ、時代はすすむ。
ストレスを解消する手立てを。
まずは、目標を決めると良いだろう。
何事も意識する事で事が動く。
人々を楽しませる事が、根底にある事

今年、良い目標が有りました。
女子プロゴルファ-しぶこでした。
ル-キ-イヤ-突っ走る


京都橘吹奏楽部パワ-UP
令和元年 新生橘高校吹奏学部始動
ハツラツ1年生も加わる大所帯に
新しいパワ-を貰おう。
ブラスエキスポ2019 パレ-ド
新1年生参加 初めての桜 街頭パレ-ド
東京ビックサイト アトリウムステージ
東京ビックサイトアトリウムステージ
屋外マ-チングパレ-ド

盲目の天才ピアニスト・辻井伸行
すがすがしい音、心が洗われる
新天皇 新元号「令和」
ベートーベン皇帝を聞いてみた。
ベートーベン“皇帝

彼のフリ-の曲は少ないが
コンサ-トペ-ジ
URL:FC2 奇跡の人辻井伸行

生活と健康
趣味のペ-ジ
PCについて、趣味のペ-ジで 技術的なお得なレポ-トを お届けします。

BS・BSジャパン・BSNHKプレミアム受信出来ず
今、12月開始の4K・8K放送設備に
よる機器の変更がBSで行われている
それに伴い周波数帯域の見直しも
行われていて、PT3.PX-系TS抜き
チュ-ナ-では設定を変更しないと
受信出来なくなっている。
変更を調べたので、こころあたりの
あるかは参考にして欲しい。
URL
設定変更サイト
長寿の秘訣・自己啓発
まぐまぐ メルマガ 
パソコン よろず勉強会のメルマガの購 読が出来ます。 PCの最新の情報が取得できます。