FC2ブログ

長寿の秘訣 自己啓発

高齢化社会を 快適に生きる知恵を 



長寿の秘訣 自己啓発>> インタ-ネット >> 国内株式市場見通し
2021-03-21

国内株式市場見通し

03-21 インフレ懸念 米長期金利の動向を睨む展開継続

■FOMC通過であく抜け感で一時3万回復も週末失速

今週の日経平均は週末にやや失速したものの
米連邦公開市場委員会(FOMC)を無難に通過した
ことで概ね堅調な動きとなった。
米長期金利(10年物国債)が再び上昇したことで
週初はグロース(成長)株が売られたが、景気
敏感株などは堅調で日経平均も49円高と底堅さを
見せた。16日は米長期金利の上昇一服とともに
FOMCを前とした売り方の買い戻しなどもあって
日経平均は一時3万円に乗せる場面も見られた。

17日はFOMCの公表結果とパウエル米連邦準備制度
理事会(FRB)議長の記者会見を見極めたいとする
思惑から方向感に欠ける展開に。
18日は、少なくとも2023年いっぱいは政策金利が
ゼロ付近で維持されるとの見通しが示されたFOMC
の結果を受けて安心感が高まり、一時は30485.00円
まで上値を伸ばし、終値でも3万円を保持した。
19日は、FRBの緩和政策の継続によりインフレ期待が
高まったことでかえって米長期金利が1.75%まで
上昇するなど警戒感が再燃したことで、ハイテク株
などが再び売りに押された。

また、日銀金融政策決定会合で上場投資信託(ETF)
の「原則年6兆円増」の買い入れ枠が撤廃されたほか
買い入れ対象が東証株価指数(TOPIX)連動型のETF
のみで、日経平均型は外れると決まったことが伝わる
と、後場からは下げ幅を拡げる展開となった。
結局、週末の日経平均は424円安の29792.05円まで
下げて終えた。ただ、東証株価指数(TOPIX)は
3.70pt高の2012.21ptで終えており、1991年5月以来
となる大台2000pt台乗せに成功している。

■警戒感くすぶるも過度な悲観は不要

来週の日経平均はもみ合いか。
注目だったFOMCでは23年末までのゼロ金利据え置きのほか
量的緩和についても現行の資産購入ペースの維持が示された。
しかし、その後は一転して緩和政策の継続が景気回復を更に
強めるとの予想から期待インフレ率が一層上昇し、かえって
米長期金利が上昇するという動きに変わった。

これを受けて、週末には再びハイテク株などが売られる展開
になった。本来、景気回復期待による良い金利上昇と株高は
長期的には共存できる。ただ、あまりに速いスピードでの金利
上昇は市場の警戒感を強め、短期的な株価調整の要因となり
かねない。FRBは政策により短期金利を誘導することはできる
が、長期金利の水準は主として市場が決めるものだ。

市場が先走る形でインフレ懸念が一層強まり、米長期金利が更
に上昇する可能性もあろう。その場合、FRBも現在の緩和政策の
変更を迫られるかもしれない。もともとインフレ懸念で長期金利
が上昇していることを背景に、インフレ抑制のための早期利上げ
見通しが示されるのではないかという警戒があったわけだが
結局、緩和政策を強調しても景気回復を強めるとの見方から
「インフレ期待→長期金利上昇」という動きが続いたわけで
皮肉な話だ。バンク・オブ・アメリカ(BofA)による3月の
グローバルファンドマネジャー調査では、いまや最大のテール
リスクは「インフレ」と「長期金利の上昇」であり、新型コロナ
ウイルスに取って代わっている。

今後も期待インフレ率と米長期金利の動きを注視する必要があろう。
週次イベントとしては、米長期金利の上昇のきっかけにもなった
米7年国債入札が25日(木)に予定されており、債券需給が注目される。
ここまでネガティブなことを書いてきたが、株式市場の先行きが暗い
わけではない。米長期金利が上昇しているとはいっても、期待インフレ
率を差し引いた実質金利はいまだマイナスで、これは当面保たれる見込み。
実質金利がマイナスである限りは、株式益回りと債券利回りの差である
イールドスプレッドの縮小もある程度は許容できると思われる。

FRBの政策スタンスが現状のままである限りは、各種アセットクラス
の中での株式の相対的な魅力は劣らないだろう。
実際、米長期金利が1.75%まで上昇した直後の東京市場は大きくは
崩れなかった。TOPIXに至ってはバブル崩壊後の最高値だ。
過度な悲観は不要だろう。ただ、留意が必要なのは、日銀がETF
の買い入れ対象から日経平均型を外したことだ。
ファーストリテ<9983>などの値がさ株がこれまで需給要因主体で
買われていたのだとすれば、週末の同社株の急落に伴う日経平均
の軟調ぶりも続く可能性がある。TOPIXは堅調でも日経平均は軟調
という二極化の動きを想定しておく必要があろう。

■インフレ下に強い景気敏感株を選好

物色対象としては金利動向に敏感なグロース株は避けた方が無難だろう。
有望なのは、バリュエーション面での割高感も薄い景気敏感株と考える。
今年の株式市場での最大のテーマは「景気回復」だからだ。
実際、昨年秋以降しばらくの間は日経平均の上昇が目立っていたが、最近
はTOPIXの上昇ぶりが顕著だ。中でも、足元で最大の懸念要素である
インフレリスクをヘッジできるセクターが好ましいだろう。具体的には
鉱業、鉄鋼、化学、金融あたりが相対的に他をアウトパフォームしそうだ。
そのほか、3月の終わりに近づいてきたことで、配当や株主優待の権利取り
を狙った動きも活発化すると予想されよう。

■米国2月耐久財受注、米国2月個人消費所得・個人支出など

来週の主な国内外スケジュールは
22日に米国2月中古住宅販売
23日に米国2月新築住宅販売
24日に日銀金融政策決定会合議事要旨(1月20-21日開催分)
、米国2月耐久財受注
25日にEU首脳会議、米国10-12月期GDP確報値、米国7年国債入札
26日に独3月Ifo景況感指数、米国2月個人消費所得・個人支出
などが予定されている。

    
trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメントの投稿
Secre

カテゴリ
プロフィール

kinunsh

Author:kinunsh
FC2ブログへようこそ!

最新記事  本日の出来事
最新トラックバック
競輪当日出目予想
競輪当日出目予想無料配布 ダウンロ-ドしてお使いください。
ダウンロ-ド

出目決定率アップで競輪を楽しむ
競輪出目予想オリジナルデ-タ
競輪出目予想オリジナルデ-タです。 出目的中率を上げるデ-タ無料配布
長寿の秘訣・自己啓発
長生きには必須 自己啓発 本能活性化の回春剤に
自己啓発について
加齢と共に生きる難しさを
楽しく生きることにする。
今年も、1月が終わり、2月になりました。 新型コロナウイルスで、大変な事に なって居ますが、人類が進化するには 大事な事で、早く治療薬開発で収束する事。 社会は、常に変化を遂げ、時代はすすむ。
ストレスを解消する手立てを。
まずは、目標を決めると良いだろう。
何事も意識する事で事が動く。
人々を楽しませる事が、根底にある事

今年、良い目標が有りました。
女子プロゴルファ-しぶこでした。
ル-キ-イヤ-突っ走る


京都橘吹奏楽部パワ-UP
令和元年 新生橘高校吹奏学部始動
ハツラツ1年生も加わる大所帯に
新しいパワ-を貰おう。
ブラスエキスポ2019 パレ-ド
新1年生参加 初めての桜 街頭パレ-ド
東京ビックサイト アトリウムステージ
東京ビックサイトアトリウムステージ
屋外マ-チングパレ-ド

盲目の天才ピアニスト・辻井伸行
すがすがしい音、心が洗われる
新天皇 新元号「令和」
ベートーベン皇帝を聞いてみた。
ベートーベン“皇帝

彼のフリ-の曲は少ないが
コンサ-トペ-ジ
URL:FC2 奇跡の人辻井伸行

生活と健康
趣味のペ-ジ
PCについて、趣味のペ-ジで 技術的なお得なレポ-トを お届けします。

BS・BSジャパン・BSNHKプレミアム受信出来ず
今、12月開始の4K・8K放送設備に
よる機器の変更がBSで行われている
それに伴い周波数帯域の見直しも
行われていて、PT3.PX-系TS抜き
チュ-ナ-では設定を変更しないと
受信出来なくなっている。
変更を調べたので、こころあたりの
あるかは参考にして欲しい。
URL
設定変更サイト
長寿の秘訣・自己啓発
まぐまぐ メルマガ 
パソコン よろず勉強会のメルマガの購 読が出来ます。 PCの最新の情報が取得できます。