FC2ブログ

長寿の秘訣 自己啓発

高齢化社会を 快適に生きる知恵を 



長寿の秘訣 自己啓発>> インタ-ネット >> 国内株式市場見通し
2021-11-21

国内株式市場見通し

11-21 半導体のけん引役に期待 FOMC議事録に注目

■3万円手前での上値の重さ確認、半導体は絶好調

今週の日経平均は反発。週間の上げ幅は135.90円
(+0.46%)となった。週初15日は好調な7-9月期
実績及び通期計画の上方修正を発表した東京エレク
トロン<8035>の大幅上昇を手掛かりにハイテク株を
中心に買いが入り、日経平均は166.83円高の29776.80円
となった。16日は材料難のなか朝方はもみ合いが続いて
いたが、米中首脳協議の結果が伝わると、香港ハンセン
指数などが強含み、日経平均は一時29960.93円まで上昇。
しかし、ヘッドラインに反応した機械的な買いにとどまり
失速すると、結局31.32円高と小幅高にとどまった。

週半ばからの日経平均は、近くて遠い3万円を手前に根強い
売りに押される展開となり、17日、18日と続けて下落。
米国では10月小売売上高が予想を上回ったこともあり
好決算を発表したホーム・デポなどの小売企業が買われた
ほか、フィラデルフィア半導体株指数(SOX指数)が史上
最高値を更新するなどの追い風もあり、東京市場でも半導体
関連株は堅調だった。しかし、鉄鋼や海運などの市況関連株
を中心にその他のセクターが冴えず、日経平均は軟調な値動きに。

18日には一時29402.57円と29500円を割り込む場面もあった。
午後には岸田政権が打ち出す経済対策の規模が財政支出ベース
で55.7兆円に及ぶとの報道をきっかけに、一時上昇に転じる
動きも見られたが、買いは続かず、結局、下落した。

ただ、週末の日経平均は147.21円高の29745.87円と3日ぶりに反発。
米半導体メーカーのエヌビディアが第3四半期決算において市場予想
を上回る実績及び第4四半期見通しを示したことで、再びSOX指数が
最高値を更新。これを刺激材料に週末は半導体関連株が改めて相場
のけん引役となった。東京エレクトロン、SCREENHD<7735>などが朝方
から大幅高で上場来高値を更新、午後は信越化学<4063>、TDK<6762>
キーエンス<6861>など他の主力株も上げ幅を拡げ、日経平均は大引け
まで騰勢を強める、引け味のよい終わり方となった。

■外部環境に影響されやすい

来週の日経平均は一進一退か。米国の半導体メーカーや小売企業の
決算発表も終わり、注目企業の決算は一巡した。米中の小売売上高を
はじめとした注目の経済指標の発表も終えたことから、ここからは
一段と手掛かり材料が乏しくなる。その分、米国の期待インフレ率や
長期金利の動向のほか、為替など外部環境の動きに影響を受けやすい
展開となりそうだ。

国内では、19日に閣議決定された岸田政権による経済対策は財政支出で
56兆円程度、事業規模にして79兆円程度と、従来よりも大規模になること
が判明したが、相場の反応は限られた。給付金など分配政策が中心で
市場が求める成長戦略の色が薄いことや、一時は「当面触ることを考えて
いない」とした金融所得課税の引き上げについて、来年以降に本格的に
議論する方向で調整に入ったとも伝わっており、こうした面が相場に
ネガティブに働いていると考えられる。成長に関する部分について、より
具体的な話が出てこない限りは、日経平均が明確に3万円を回復するには
今しばらく時間がかかりそうだ。

来週は、国内は23日が祝日で休場の一方、米国は25日が感謝祭の祝日で
休場となり、それぞれ立会いが4日に限られる。材料としては週半ばの
24日に集中しており、米国で10月の耐久財受注、個人消費支出・個人所得
PCEコアデフレータ、新築住宅販売などの経済指標のほか、11月開催分の
米連邦公開市場委員会(FOMC)議事要旨の公表が予定されている。

11月のFOMCでは予想通り量的緩和縮小(テーパリング)開始が正式に決定
された一方、米連邦準備制度理事会(FRB)のパウエル議長は「インフレは
一時的」との姿勢を維持し、早期利上げには慎重な見解を示した。
しかし、その後に発表
された10月の米消費者物価指数(CPI)は、変動の激しい食品・エネルギー
を除いたコアで前月比+0.6%と、9月の+0.2%から大きく加速。11月の政策
決定会合で予想に反して利上げを見送った英国でも、10月のコアCPIは前年
前月比+3.4%と9月の+2.9%から加速した。
こうした背景から、期待インフレ率の指標とされる米10年物ブレーク・イーブン
・インフレ率(BEI)は2.7%台と歴史的な高値圏での推移が続いており一時は
後退した早期利上げ懸念も再び高まっている。

このため、FRBが政策判断として重要視するPCEコアデフレータの結果や、11月
FOMC議事要旨における将来の利上げに対する政策メンバーの見解などが注目される。
材料難のなか注目度は高いとみられ、利上げ前向きな内容が窺えるとグロース
(成長)株中心に利益確定売りの口実とされる可能性がありそうだ。

■半導体の押し目での買い意欲を確認したい

個別では、引き続き好決算や国策テーマに絡んだところで半導体関連株に人気化
した買いが向かいそうだ。7-9月期は供給網混乱、電力不足、東南アジアでの新型
コロナ感染拡大など様々な懸念事項があり、多くの産業が苦しんだなか、半導体
関連の企業決算は世界的にとりわけ好調で、「何だかんだ言ってやっぱり半導体
は強い」という印象を強烈に残した。
国内でも今週は、東京エレクトロン、レーザーテック<6920>SCREENHDが上場来高値
を更新し、ルネサスエレクトロニクス<6723>も4年ぶりの高値を記録するなど
半導体セクターの強さが際立った。全体的に材料難のなか、相対的な安心感のある
半導体関連株には根強い買いが入りそうで、高値更新劇に期待したい。

■米PCEコアデフレータ、FOMC議事録など

なお、来週は22日に米10月中古住宅販売、米5年債入札
23日に米7年債入札
24日に米7-9月期国内総生産(GDP)改定値
、米10月耐久財受注、米10月個人消費支出・個人所得
、PCEコアデフレータ、米10月新築住宅販売
、FOMC議事要旨(11月開催分)
26日に10月都区部消費者物価指数
、米ブラックフライデーなどが予定されている。

    
trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメントの投稿
Secre

カテゴリ
プロフィール

kinunsh

Author:kinunsh
FC2ブログへようこそ!

最新記事  本日の出来事
最新トラックバック
競輪当日出目予想
競輪当日出目予想無料配布 ダウンロ-ドしてお使いください。
ダウンロ-ド

出目決定率アップで競輪を楽しむ
競輪出目予想オリジナルデ-タ
競輪出目予想オリジナルデ-タです。 出目的中率を上げるデ-タ無料配布
長寿の秘訣・自己啓発
長生きには必須 自己啓発 本能活性化の回春剤に
自己啓発について
加齢と共に生きる難しさを
楽しく生きることにする。
今年も、1月が終わり、2月になりました。 新型コロナウイルスで、大変な事に なって居ますが、人類が進化するには 大事な事で、早く治療薬開発で収束する事。 社会は、常に変化を遂げ、時代はすすむ。
ストレスを解消する手立てを。
まずは、目標を決めると良いだろう。
何事も意識する事で事が動く。
人々を楽しませる事が、根底にある事


新型コロナの中パワ-を
京都橘吹奏楽部パワ-UP
令和元年 新生橘高校吹奏学部始動
ハツラツ1年生も加わる大所帯に
新しいパワ-を貰おう。

ブラスエキスポ2019 パレ-ド
新1年生参加 初めての桜 街頭パレ-ド

東京ビックサイト アトリウムステージ
東京ビックサイトアトリウムステージ
屋外マ-チングパレ-ド


盲目の天才ピアニスト・辻井伸行
すがすがしい音、心が洗われる
新天皇 新元号「令和」
ベートーベン皇帝を聞いてみた。
ベートーベン“皇帝

彼のフリ-の曲は少ないが
コンサ-トペ-ジ
URL:FC2 奇跡の人辻井伸行

生活と健康
趣味のペ-ジ
PCについて、趣味のペ-ジで 技術的なお得なレポ-トを お届けします。

BS・BSジャパン・BSNHKプレミアム受信出来ず
今、12月開始の4K・8K放送設備に
よる機器の変更がBSで行われている
それに伴い周波数帯域の見直しも
行われていて、PT3.PX-系TS抜き
チュ-ナ-では設定を変更しないと
受信出来なくなっている。
変更を調べたので、こころあたりの
あるかは参考にして欲しい。
URL
設定変更サイト
長寿の秘訣・自己啓発
まぐまぐ メルマガ 
パソコン よろず勉強会のメルマガの購 読が出来ます。 PCの最新の情報が取得できます。