FC2ブログ

長寿の秘訣 自己啓発

高齢化社会を 快適に生きる知恵を 



長寿の秘訣 自己啓発>> ニュ-ス >> 北朝鮮・弾道ミサイル発射
2022-01-30

北朝鮮・弾道ミサイル発射

01-30 最高高度約2000キロ EEZ外側に落下か

松野官房長官は午前9時すぎ、臨時の記者会見を行い
北朝鮮から30日朝弾道ミサイル1発が発射され
最高高度はおよそ2000キロメートル程度に達し
日本のEEZ=排他的経済水域の外側に落下したと
推定されると明らかにしました。

この中で松野官房長官は「北朝鮮は本日7時52分ごろ
北朝鮮内陸部から弾道ミサイル1発を東方向に発射した。
詳細は現在分析中だが、当該弾道ミサイルは通常の
弾道軌道だとすれば、最高高度およそ2000キロメートル
程度、飛しょう時間30分程度、およそ800キロ程度
飛しょうし、日本海側のわが国の排他的経済水域外に
落下したものと推定される」と述べました。

そのうえで「政府としては付近を航行する航空機や船舶
および関係機関への情報提供を行い、現時点において
被害報告などの情報は確認されていない」と述べました。

また「岸田総理には直ちに報告を行い情報収集・分析に
全力を挙げ、国民に対し、迅速・的確な情報提供を
行うこと、航空機や船舶などの安全確認を徹底すること
不測の事態に備え、万全の態勢をとることなどの指示が
あった。政府は総理大臣官邸の危機管理センターに設置
している官邸対策室で、関係省庁で情報を集約すると
ともに、緊急参集チームを招集し、対応を協議した」と
述べました。

そして「このような烈度の高い弾道ミサイル発射は
関連する国連安保理決議に違反するものであり、わが国は
北朝鮮に対し、厳重に抗議した。
国民の生命・財産を守るため、引き続き、情報収集・分析
および警戒監視に全力をあげ、今後追加して公表すべき
情報を入手した場合には速やかに公表することとしたい」
と述べました。

外務省幹部「脅威がより高まっている」
外務省幹部は記者団に対し、松野官房長官が今回の発射に
関連し「烈度の高い」と言及したことについて「発射された
ミサイルの性能のことを指して、そのような表現にしたのだ
と思う。脅威がより高まっているということだ。
北朝鮮は、さまざまなミサイルを試験的に発射している状況
とも見られ、今後、ICBM=大陸間弾道ミサイルの発射実験や
核実験を再開させる可能性もある」と述べました。

2019年11月以来「ロフテッド軌道」か
30日午前、北朝鮮から弾道ミサイル1発が東の方向に発射
されました。
日本のEEZ=排他的経済水域の外側に落下したと推定され
これまでのところ日本の航空機や船舶の被害などの情報は
確認されていないということです。
迎撃が困難な「ロフテッド軌道」で発射されたとみられていて
防衛省は引き続き情報収集と分析を進めています。

防衛省によりますと、30日午前7時52分ごろ、北朝鮮内陸部
から弾道ミサイル1発が東の方向に発射されたということです。
通常の軌道であれば、最高高度はおよそ2000キロで、飛行時間
は30分ほど、飛行距離はおよそ800キロで、日本のEEZ=排他的
経済水域の外側の日本海に落下したと推定されるということです。
これまでのところ、日本の航空機や船舶の被害などの情報は確認
されていません。

防衛省関係者によりますと、今回のミサイルは最高高度や飛行
距離などから、通常よりも発射の角度を上げて高く打ち上げる
「ロフテッド軌道」で発射されたとみられるということです。
迎撃できる高さにまで落下してきた時には非常に速い速度に達して
いるため迎撃が困難だとされていて、北朝鮮がロフテッド軌道で
弾道ミサイルを発射したとすれば3年前の2019年11月以来です。

防衛省は、北朝鮮が極めて高い頻度で、さまざまな形での発射を
行っているとして、警戒・監視に万全を期すとともに引き続き
情報収集と分析を進めています。

NSC=国家安全保障会議の閣僚会合終わる
北朝鮮から弾道ミサイルが発射されたことを受けて、政府は
午前10時から総理大臣官邸で、岸田総理大臣をはじめ、岸防衛大臣
や林外務大臣らが出席してNSC=国家安全保障会議の閣僚会合を
およそ15分間開きました。
会合では、これまでに収集した情報を分析するとともに、今後の
対応などを協議したものとみられます。

岸田首相「国連安保理決議違反 強く抗議」
岸田総理大臣は総理大臣官邸を出る際、記者団に対し「弾道ミサイル
だと聞いている。国連安保理決議違反であり強く非難し、抗議した。
現在のところ、わが国の船舶、航空機に被害があるという報告は
受けていない」と述べました。

岸防衛相「わが国や地域の安全保障にとって看過できない」
岸防衛大臣は、NSC=国家安全保障会議の閣僚会合のあと
午前11時半すぎに防衛省で、記者団の取材に応じました。

この中で岸大臣は「今回の弾道ミサイルがおよそ2000キロに
及ぶ高度に達し、およそ800キロ飛しょうしたことを踏まえれば
『ロフテッド軌道』で発射され、中距離以上の弾道ミサイルで
あったと考えられる」と述べました。

そのうえで「高度2000キロ以上で飛しょうしたのは、2017年1
1月29日のICBM=大陸間級の弾道ミサイル『火星15号』の
発射以来だ。
このときは高度およそ4000キロを大きく超える飛しょうだった。
2017年には合計4回、高度2000キロを超える中距離や長距離
の弾道ミサイルの発射があった」と述べました。

また、岸大臣は「北朝鮮は特にことしに入ってから、巡航ミサイル
の発射を含めれば過去にもない高い頻度で、新たな態様での発射
を繰り返している。
昨今の北朝鮮による核・ミサイル関連技術の著しい発展は、昨今
の北朝鮮による弾道ミサイルなどのたび重なる発射は、わが国を
含む国際社会全体にとっての深刻な課題だ。
このような烈度の高い弾道ミサイルの発射は関連する国連安保理
決議に違反するものであり、強く非難する」と述べました。

韓国軍 北朝鮮が距離弾道ミサイル1発発射と発表
韓国軍の合同参謀本部は、北朝鮮が30日午前7時52分ごろ、北部
のチャガン道(慈江)ムピョンリ付近(舞坪里)から日本海に向けて
発射しました。

高度はおよそ2000キロに達し、飛行距離はおよそ800キロだった
としていて通常より角度をつけて高く打ち上げる「ロフテッド軌道」
での発射だったとみられ、アメリカ軍とともに詳しい分析を進めています。

チャガン道ムピョンリからは、2017年7月にキム・ジョンウン(金正恩)
総書記の立ち会いのもと、ICBM=大陸間弾道ミサイル級の「火星14型」
を「ロフテッド軌道」で発射しています。

これを受けて、韓国のムン・ジェイン(文在寅)大統領は30日午前、緊急の
NSC=国家安全保障会議を招集し「朝鮮半島の平和や安定、外交的解決
に向けた国際社会の努力への挑戦であり、国連安全保障理事会の決議
に違反する行為だ」として北朝鮮に対し、こうした行為をやめて対話に
応じるよう求めました。

また、北朝鮮は2018年に表明していた、ICBMの発射実験や核実験の中止
について見直しを検討することを示唆していることから、ムン大統領は
「こうした状況に近づいたと考えられる」として、韓国政府として対応を検討
するよう指示しました。

海上自衛隊 元海将「日本上空通過するミサイル発射も」
今回、北朝鮮が発射した弾道ミサイルについて、海上自衛隊で司令官を
務めた元海将の香田洋二さんは、5年前の2017年5月に発射された
北朝鮮が「火星12型」と呼ぶ最大射程5000キロの中距離弾道ミサイルの
可能性があると指摘しています。

また、今回のミサイルが「ロフテッド軌道」で発射されたとみられることに
ついて「通常の発射方式で北朝鮮から中距離以上の弾道ミサイルを
最大性能で発射すると大気圏の再突入や着弾といった重要なデータが
取れなくなってしまう。
中距離以上の弾道ミサイルについては過去の発射から時間がたって
いることもありまずはデータを確認したかったのではないか」と話しています。

そのうえで、香田さんは「2018年の米朝首脳会談以降北朝鮮は主に短距離
弾道ミサイルの開発を進めてきたが、今回の比較的距離の長い弾道ミサイル
の発射はアメリカと再び軍事的な対決姿勢に入り、軍事力や核開発を背景に
アメリカと交渉していくという姿勢を示したと言え、明確な方針転換と言える
のではないか。
今後、日本の上空を通過するようなミサイルの発射も十分に考えられ
日本としても高い緊張感をもって備える必要がある」と指摘しています。

ことしに入っての北朝鮮によるミサイル発射 今回で7回目
ことしに入って北朝鮮がミサイルを発射したのは、今回で7回目になります。
▽1回目は今月5日、北朝鮮北部のチャガン(慈江)道から日本海に向けて
弾道ミサイル1発が発射されました。
北朝鮮は国営メディアを通じて「極超音速ミサイル」の発射実験を行い
「700キロ先に設定された目標に誤差なく命中した」と発表しました。
▽2回目は6日後の11日、同じ北部のチャガン道から弾道ミサイル1発が
日本海に向けて発射され、北朝鮮は、キム・ジョンウン(金正恩)総書記の
立ち会いのもと「極超音速ミサイル」の発射実験を再び行ったと発表しました。
この中で「ミサイルから分離された弾頭が1000キロ先の水域に設定された
目標に命中した」としたうえで、技術的な特性を確認するための「最終的な
発射実験」だったと位置づけました。
▽3回目は3日後の14日、北西部のピョンアン(平安)北道から日本海に
向けて短距離弾道ミサイル2発が発射されました。
北朝鮮は「鉄道機動ミサイル連隊」が抜き打ちの発射訓練を行い「2発の
戦術誘導弾が日本海に設定された目標に命中した」と発表し、立ち会った
国防科学院の幹部らが全国的な鉄道機動ミサイルの運用システムを整備
する課題について議論したとしていました。
▽4回目は3日後の17日、首都ピョンヤン郊外のスナン(順安)にある国際
空港付近から日本海に向けて弾道ミサイル2発が発射されました。
北朝鮮は国防科学院などの計画に従って「戦術誘導弾」の発射実験を行い
「西部から発射された2発が目標である日本海上の島を精密に打撃した」と
したうえで「兵器システムの正確性や安全性などを確認した」としていました。
▽5回目は8日後の25日、北朝鮮は長距離巡航ミサイルの発射実験を
行ったとしたうえで「2発が2時間32分17秒飛行し、1800キロ先の目標の
島に命中した」と主張しました。
▽6回目は2日後の27日で、東部のハムギョン(咸鏡)南道から日本海に
向けて短距離弾道ミサイル2発が発射されました。
北朝鮮は「2発の『戦術誘導弾』が目標の島を精密に打撃した」としたうえで
「弾頭の爆発威力が設計上の要求を満たしていることが確認された」と
強調していました。

    
trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメントの投稿
Secre

カテゴリ
プロフィール

kinunsh

Author:kinunsh
FC2ブログへようこそ!

最新記事  本日の出来事
最新トラックバック
競輪当日出目予想
競輪当日出目予想無料配布 ダウンロ-ドしてお使いください。
ダウンロ-ド

出目決定率アップで競輪を楽しむ
競輪出目予想オリジナルデ-タ
競輪出目予想オリジナルデ-タです。 出目的中率を上げるデ-タ無料配布
長寿の秘訣・自己啓発
長生きには必須 自己啓発 本能活性化の回春剤に
自己啓発について
加齢と共に生きる難しさを
楽しく生きることにする。
今年も、新型コロナウイルスで
大変な事になって居ますが
人類が進化するには大事な事で
早く治療薬開発で収束する事。
大事な事は、自己免疫力を高める
事で感染を防ぐ、特に冬場は
体温が下がり、細胞活力が落ちす
ので、気を付けましょう。
また、最近熱がでる様ですが
免疫力の働きが効いています。
大丈夫です。

社会は、常に変化を遂げ
時代はすすむ。

ストレスを解消する手立てを。
まずは、目標を決めると良いだろう。
何事も意識する事で事が動く。
人々を楽しませる事が、根底にある事


新型コロナの中パワ-を
京都橘吹奏楽部パワ-UP
令和元年 新生橘高校吹奏学部始動
ハツラツ1年生も加わる大所帯に
新しいパワ-を貰おう。

ブラスエキスポ2019 パレ-ド
新1年生参加 初めての桜 街頭パレ-ド

東京ビックサイト アトリウムステージ
東京ビックサイトアトリウムステージ
屋外マ-チングパレ-ド


盲目の天才ピアニスト・辻井伸行
すがすがしい音、心が洗われる
新天皇 新元号「令和」
ベートーベン皇帝を聞いてみた。
ベートーベン“皇帝

彼のフリ-の曲は少ないが
コンサ-トペ-ジ
URL:FC2 奇跡の人辻井伸行

生活と健康
趣味のペ-ジ
PCについて、趣味のペ-ジで 技術的なお得なレポ-トを お届けします。

BS・BSジャパン・BSNHKプレミアム受信出来ず
今、12月開始の4K・8K放送設備に
よる機器の変更がBSで行われている
それに伴い周波数帯域の見直しも
行われていて、PT3.PX-系TS抜き
チュ-ナ-では設定を変更しないと
受信出来なくなっている。
変更を調べたので、こころあたりの
あるかは参考にして欲しい。
URL
設定変更サイト
長寿の秘訣・自己啓発
まぐまぐ メルマガ 
パソコン よろず勉強会のメルマガの購 読が出来ます。 PCの最新の情報が取得できます。