FC2ブログ

長寿の秘訣 自己啓発

高齢化社会を 快適に生きる知恵を 



長寿の秘訣 自己啓発>> ニュ-ス >> 新型コロナ・オミクロン株BA.2の影響
2022-02-11

新型コロナ・オミクロン株BA.2の影響

02-11 重症者増 BA.2の影響は わかってきたこと

重症化しにくいとされてきたオミクロン株。
しかし、感染者数は過去最多の水準が続く中
重症患者が増え続けています。

一日に報告される亡くなった人の数は100人を超え
デルタ株が拡大した感染の第5波のときのピークより
多くなっています。

どんな人が重症化しているのか。
感染を抑える目的で出されたまん延防止等重点措置の
効果は、オミクロン株でも出ているのか。

国内でも報告され始めた、異なる系統のオミクロン株
「BA.2」の感染状況への影響は。
わかってきたことをまとめました。
(2022年2月9日現在)

一日の死亡者数 デルタ株の時期を超える
オミクロン株によって引き起こされた、今回の新型コロナ
ウイルスの感染拡大。
拡大のペースはやや鈍化してきたものの、過去最多の水準
が続いています。

一日に報告される亡くなった人の数は、2週間前の2022年
1月26日には34人でしたが、2月4日には103人と100人を
超え、2月9日には162人と過去最多を更新しました。

デルタ株が広がった去年の夏で最も多かった、2021年9月8日
の89人より多くなっています。

アメリカでは、CDC=疾病対策センターのまとめで、報告が
少なくなる週末を除き、一日に報告される亡くなった人の
数が2000人を越える日が続いています。

CDCは、オミクロン株では重症度は低いものの、入院患者など
が多くなっていて、医療体制に負荷がかかり、死亡者数も
相当な数になっているとしています。

イギリス・オックスフォード大学の研究者などが運営する
ウェブサイト、「アワ・ワールド・イン・データ」により
ますと、一日当たりの死亡者数は、2月8日までの1週間には
▽アメリカでおよそ2500人
▽フランスでおよそ330人
▽日本で100人余り
などとなっています。

デルタ株の時期では、
▽アメリカでは2021年9月下旬のおよそ2000人
▽フランスでは8月下旬のおよそ110人
がピークで、現在は当時の水準を超えています。
重症化しにくくても感染規模あまりに“大”
重症患者の数も増え続けています。

日本での重症患者の数は、2022年2月8日の時点で
1141人となりました。

これは、東京オリンピックの閉会式が行われた
2021年8月8日の1138人と同じ水準です。

このときは緊急事態宣言が6都府県に出されていました。

オミクロン株について、WHO=世界保健機関は、鼻やのど
といった上気道の炎症を引き起こしやすいものの、多くの
人にとっては、肺まで達して重症化するリスクはほかの
変異ウイルスより低いとしています。

2022年2月9日の厚生労働省の専門家会合に出された報告に
よりますと、大阪府で第6波の期間中、2月5日までに報告
された感染者20万人近くについて分析すると、重症化率は
0.08%となっています。

同じく専門家会合では、沖縄の「宮古・八重山医療圏」で
1月31日までに感染した2214人の症状を分析した結果も報告
され、重症は0%、酸素投与が必要な中等症2は1.9%
息切れや肺炎が見られる中等症1は3.6%、軽症や無症状が
94.5%でした。

重症化する割合は低いものの、感染規模があまりに大きいため
重症者が増え、医療体制を圧迫しています。

デルタ株が広がった去年夏の感染の第5波は、ワクチンの接種が
進んだタイミングだったため、多くの高齢者の死亡をワクチン
で防ぐことができたとされています。

2回のワクチン接種で一定程度は重症化を防ぐ効果があるとはいえ
接種から時間がたって効果が下がってきたところにオミクロン株
が感染拡大し、重症化する人も増えていると考えられています。

病床の使用率は日に日に上がってきていて、2月8日時点で、大阪府
では81.4%、沖縄県では57.8%、東京都では55.8%などとなっています。

さらに、新型コロナウイルス以外の一般の救急患者の搬送が難しくなる
ケースも出ていて、東京都内で最も重症な救急患者を診る大学病院では
通常の6割ほどしか患者を受け入れられないところも出てきています。

どんな人が重症化
重症化している人は高齢者や、基礎疾患のある人が多いとされています。

厚生労働省の専門家会合に出された資料によりますと、2022年1月1日から
20日までに、肺炎が悪化して酸素投与が必要な「中等症2」以上になった
割合は、重症化のリスク因子がない人では0.09%でしたが、リスク因子
がある人では1.22%と13倍以上になっていました。

リスク因子として挙げられているのは、
「慢性閉塞性肺疾患」「糖尿病」「脂質異常症」「高血圧症」
「慢性腎臓病」「がん」「肥満」「喫煙」で、中等症2以上になった
割合は
▽リスク因子が1つだと0.81%
▽2つだと2.13%
▽3つだと3.63%
▽4つ以上だと4.70%
と高くなっていました。

また、年齢別にみると、
▽リスク因子が1つでもある人で40歳未満では0.155%
▽40代では0.37%
▽50歳から64歳では0.61%
▽65歳以上だと4.43%
と年齢が上がるほど高くなっていました。
ワクチン追加接種で入院リスク大幅↓
オミクロン株でも、ワクチンの追加接種で効果があると
考えられています。

1月21日には、アメリカのCDC=疾病対策センターが、入院
を防ぐ効果はオミクロン株に対しても90%に上昇するという
分析結果を公表しています。

ファイザーやモデルナの「mRNAワクチン」の2回目の接種から
6か月以上たった場合、入院を防ぐ効果は、デルタ株が優勢
だった時期に81%だった一方、オミクロン株が優勢になった
時期には57%でした。

しかし、3回目の接種のあとではデルタ株の時期は94%
オミクロン株の時期は90%に上昇したということです。

また、ワクチンの追加接種を受けていない人では、追加接種を
受けた人に比べて入院する割合は大幅に高く、50歳から64歳で
44倍、65歳以上で49倍になるという分析も合わせて公表しています。

CDCは、症状の悪化を防ぐためには3回目の接種が重要で、未接種者
はできるだけ早くワクチンを接種する必要があるとしています。
上気道の炎症起こしやすくせきやのど 鼻の症状も
オミクロン株では、これまでのデルタ株などととは症状の傾向が
異なっています。

国立感染症研究所は1月24日時点で、新型コロナウイルスの感染者
情報を集約するシステム「HER-SYS」に登録された3600人余りの
データを出しています。
届け出の時点でオミクロン株でみられる症状は
▽発熱が66.6%
▽せきが41.6%
▽全身のけん怠感が22.5%
▽頭痛が21.1%
▽せき以外の呼吸器症状が12.9%
▽吐き気やおう吐が2.7%
▽下痢が2.3%
などとなっています。

これまで、新型コロナウイルスで特徴的にみられた嗅覚障害や
味覚障害を訴えた人は0.8%でした。

また、国立感染症研究所が122人について疫学調査で詳しく
調べた結果でも
▽せきが45.1%
▽37度5分以上の発熱が32.8%
▽のどの痛みが32.8%
▽鼻汁が20.5%で
嗅覚障害や味覚障害はそれぞれ1%前後でした。

のどの痛みを訴える人がこれまでより多く、においや味がしない
と訴える人が少ないとされています。

また、鼻水や鼻づまりの症状もあることから、日本耳鼻咽喉科
頭頸部外科学会は、毎年花粉症で悩まされている人は、症状が
出る前に早めに医療機関を受診しておくよう呼びかけています。

重点措置後、感染拡大スピード鈍化も…
オミクロン株による感染拡大の対策として、まん延防止等重点
措置が沖縄・広島・山口の3県に適用されてからすでに1か月たち
首都圏などに拡大されてから3週間近くとなります。

厚生労働省の専門家会合に出されたデータでは、繁華街の夜間の
人出は1月下旬の時点で、
▽沖縄県で2021年12月と比べて半減
▽広島県でも半減
▽山口県でも30%
減少しました。

また、
▽東京都では30%余り減少
▽愛知県では30%ほど
減少しました。

最初に重点措置が出された3県などでは感染の減少傾向が
みえてきました。
ただ、多くの地域では感染拡大のスピードは鈍化するに
とどまっています。
沖縄では、これまで一日の感染者数が最も多かったのは
1月15日の1829人で、そのとき人口10万人あたりは700人
近くとなっていました。

その後、減少していますが、3週間以上たった2月8日の
時点でも人口10万人あたりでは290人余りです。

デルタ株が広がった2021年夏のピーク時の320人余りを
ようやく下回った状態です。

感染が収まっていくスピードはゆるやかですが、2月2日の
専門家会合で京都大学の西浦博教授が示したデータでは
沖縄県ではピークを過ぎたと見られています。

また、2月9日に出されたデータでは、1人が何人に感染を
広げるかを示す実効再生産数は首都圏や大阪では「1」前後
まで下がり、「2」を超えることもあった2022年1月上旬から
減少傾向が続いています。
海外では、イギリスは、1週間の新規感染者数が、1月10日
前後には100万人を超えたあと、1月18日までの1週間では
およそ67万4000人と、前の週と比べておよそ40%減少しました。

その後、しばらく横ばい傾向が続いたあと、2月8日までの
1週間では50万9000人余りと、再び減少しています。

感染力が高い「BA.2」でわかってきたこと
一方、感染状況に影響を与えるおそれもあるとして注視されて
いるのが、オミクロン株の系統の1つで「BA.2」と呼ばれる
変異ウイルスです。

国内でも、検疫だけでなく、神戸市や東京都内でも報告され
始めました。

世界中で感染が広がっているオミクロン株「BA.1」は、ウイルス
の表面にある突起部分「スパイクたんぱく質」の一部に欠けて
いる部分がありますが、「BA.2」ではこの欠けている部分が
ないことが分かっています。

海外で行われている一部の検査方法ではオミクロン株を検出
できないことがあり、「ステルス・オミクロン」と呼ばれる
こともありますが、日本では別の方法で調べていて検出できる
ため、この呼び方は当たらないとされています。

「BA.2」は感染力が高いとみられています。
デンマークの保健当局のもとにある研究所によりますと
「BA.2」は2021年の年末の1週間ではデンマーク国内で検出
される新型コロナウイルスの20%ほどだったのが、2022年1月
中旬から下旬の1週間では66%ほどになったとしています。

また、2021年1月中旬までのおよそ1か月間の、家庭での感染に
ついて分析した結果、家庭内で二次感染する率は「BA.1」では
29%、「BA.2」では39%だったとして、より広がりやすい
可能性があるとしています。

一方で、デンマークの近隣のスウェーデンやノルウェー、それに
イギリスでも「BA.2」の割合は増加しているものの、オミクロン株
全体の10%から20%ほどにとどまっているとしています。

京都大学の西浦博教授は「『BA.2』の流行の影響で、デンマーク
では2段のような流行曲線になったり、南アフリカで感染者数が
減少したあとに再び上昇が始まったりしている。
仮に感染者数が減り始めたとしても、今後の上昇やまん延のリス
クはある。そのメカニズムをひもとくことが、医療体制のひっ迫
を見通す上でより重要だ」とコメントしています。

一方、「BA.2」でも重症化リスクは「BA.1」と変わらないと
考えられています。

「BA.2」に感染した患者22人を診療した国際医療福祉大学の
グループは、2月7日、いずれも軽症か無症状だったと発表しました。

ほとんどがワクチンを接種していて、重症化リスクのある人は
いなかったとしながらも、治療方針自体は「BA.1」と変わらない
と見られるとしています。

イギリスの保健当局はワクチンによって発症を防ぐ効果は、
2回接種から25週以上、およそ半年以上たったあとでは「BA.1」
では9%だったのが、「BA.2」では13%、

3回目の追加接種から2週間たった後では「BA.1」の63%に対し
「BA.2」では70%で、ワクチンの効果に違いはなかったと
しています。

子どもの感染拡大各国で懸念
オミクロン株では、これまで少なかった子どもでの感染拡大も
続いています。

厚生労働省のウェブサイトによりますと、10歳未満の新規感染者数は
2021年12月28日までの1週間では149人でしたが、2022年1月4日まで
では353人、1月11日まででは2238人、1月18日まででは1万2947人
1月25日まででは4万1863人、2月1日まででは6万7564人と増加が
続いています。

アメリカでは、2022年に入っておよそ420万人の子どもの感染が
確認されています。

2月3日までの1週間の子どもの新規感染者数は63万人余りで、減少
しているものの、デルタ株の時期のピークの2倍を超えています。

アメリカ小児科学会は、子どもで症状が重くなり入院に至る率は
0.1から1.5%、死亡率は0から0.01%だと報告しています。

日本国内でも、ワクチンの接種対象の年齢が5歳までに引き下げ
られました。
ファイザーの臨床試験では、5歳から11歳での発症を防ぐ効果は
90.7%で、接種後に出た症状もおおむね軽度から中程度だったとしています。

    
trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメントの投稿
Secre

カテゴリ
プロフィール

kinunsh

Author:kinunsh
FC2ブログへようこそ!

最新記事  本日の出来事
最新トラックバック
競輪当日出目予想
競輪当日出目予想無料配布 ダウンロ-ドしてお使いください。
ダウンロ-ド

出目決定率アップで競輪を楽しむ
競輪出目予想オリジナルデ-タ
競輪出目予想オリジナルデ-タです。 出目的中率を上げるデ-タ無料配布
長寿の秘訣・自己啓発
長生きには必須 自己啓発 本能活性化の回春剤に
自己啓発について
加齢と共に生きる難しさを
楽しく生きることにする。
今年も、新型コロナウイルスで
大変な事になって居ますが
人類が進化するには大事な事で
早く治療薬開発で収束する事。
大事な事は、自己免疫力を高める
事で感染を防ぐ、特に冬場は
体温が下がり、細胞活力が落ちす
ので、気を付けましょう。
また、最近熱がでる様ですが
免疫力の働きが効いています。
大丈夫です。

社会は、常に変化を遂げ
時代はすすむ。

ストレスを解消する手立てを。
まずは、目標を決めると良いだろう。
何事も意識する事で事が動く。
人々を楽しませる事が、根底にある事


新型コロナの中パワ-を
京都橘吹奏楽部パワ-UP
令和元年 新生橘高校吹奏学部始動
ハツラツ1年生も加わる大所帯に
新しいパワ-を貰おう。

ブラスエキスポ2019 パレ-ド
新1年生参加 初めての桜 街頭パレ-ド

東京ビックサイト アトリウムステージ
東京ビックサイトアトリウムステージ
屋外マ-チングパレ-ド


盲目の天才ピアニスト・辻井伸行
すがすがしい音、心が洗われる
新天皇 新元号「令和」
ベートーベン皇帝を聞いてみた。
ベートーベン“皇帝

彼のフリ-の曲は少ないが
コンサ-トペ-ジ
URL:FC2 奇跡の人辻井伸行

生活と健康
趣味のペ-ジ
PCについて、趣味のペ-ジで 技術的なお得なレポ-トを お届けします。

BS・BSジャパン・BSNHKプレミアム受信出来ず
今、12月開始の4K・8K放送設備に
よる機器の変更がBSで行われている
それに伴い周波数帯域の見直しも
行われていて、PT3.PX-系TS抜き
チュ-ナ-では設定を変更しないと
受信出来なくなっている。
変更を調べたので、こころあたりの
あるかは参考にして欲しい。
URL
設定変更サイト
長寿の秘訣・自己啓発
まぐまぐ メルマガ 
パソコン よろず勉強会のメルマガの購 読が出来ます。 PCの最新の情報が取得できます。