FC2ブログ

長寿の秘訣 自己啓発

高齢化社会を 快適に生きる知恵を 



長寿の秘訣 自己啓発>> インタ-ネット >> 国内株式市場見通し
2022-04-17

国内株式市場見通し

04-17 気の短い相場環境、一日ごとの利食いが肝要

■米物価イベント無難通過も金利高懸念くすぶる

今週の日経平均は週間で107.39円高(+0.40%)と
3週ぶりに反発。週足のローソク足は3週ぶりの陽線
で、終値は13週移動平均線を回復した。

週初11日の日経平均は164.28円安。
米10年債利回りが3年ぶりの高水準に達し、警戒感から
売りが先行。アジア市況の大幅下落も投資家心理を
悪化させた。一方で円安・ドル高が下支え要因となった。

12日は486.54円安と大幅続落。
ハト派とされる米シカゴ連銀のエバンス総裁が5月の
0.5ptの利上げを支持したことで、米10年債利回りが
一段と上昇。東京時間に2.8%台にまで上昇し、警戒感
が相場の下落圧力として働いた。

13日は508.51円高と大幅反発。
米3月消費者物価指数(CPI)が40年ぶり最大の伸びを記録
したものの、変動の激しい食品・エネルギーを除いた
コア指数の伸びが予想を下回ったことで、インフレ
ピークアウトを指摘する見方も増え、金利低下を追い風に
買い戻しが入った。14日は328.51円高と続伸。
米3月生産者物価指数(PPI)は過去最大の伸びを見せ、市場
予想も上回ったが、インフレのピークアウト期待は覆らず
金利の一段の低下を背景に買いが続いた。
また、中国人民銀行(中央銀行)が預金準備率を引き下げる
可能性が高いと伝わるなか、アジア市況が堅調に推移して
いたことも投資家心理を支えた。

週末15日は78.81円安と騰勢一服。
ニューヨーク連銀のウィリアムズ総裁も5月の0.5ptの利上げを
支持したことで米10年債利回りが再び2.8%台まで上昇。
前の日の米株市場でナスダック総合指数が2%を超える大幅反落
となっていたことが東京市場でのハイテク株の重しとなった。
一方、指数寄与度の大きいファーストリテイリング<9983>が
決算を受けて大幅に上昇したことや、1ドル=126円台まで進展
した円安・ドル高が下支えし、日経平均は終値で27000円を維持した。

■日本電産の決算に注目
来週の日経平均は一進一退か。先行きについて投資家の見方が
分かれるなか、中長期目線の投資家は様子見を決め込んでいるもよう。
物色が一日ごとに入れ替わるなど方向感に欠ける状況が続いている。
短期目線の投資家しか売買していないとみられるなか、日経平均は
節目の27000円を挟んだもみ合いが続きそうだ。
気の短い相場環境のなか、投資家は買い方と売り方に関係なく
一日ごとに機敏な利益確定が必要となろう。

注目材料としては、東京市場で21日に日本電産<6594>の決算が発表される。
第3四半期(21年10-12月)業績は市場予想を下回り、その後の株価も
軟調推移が継続。ただ、値上げ効果が第4四半期から発現してくる想定
となっており、1-3月実績が注目される。また、半導体不足や供給網の混乱
長期化などは懸念要素としてくすぶるものの、自動車の電動化(xEV)が
進展するなか、来期見通しへの期待もそれなりに高いとみられる。
会社計画や株価反応は関連株への影響も大きいだけに注目だ。
ただ、安川電機<6506>の場合は、今期見通しが市場予想を大きく上回った
ものの、部品調達難で前期実績が会社計画を下振れたこともあり、市場反応
は厳しいものとなった。それだけに、ハードルは高いことに留意しておきたい。

海外では18日に発表予定の中国の3月鉱工業生産などの経済指標に注目。
都市封鎖(ロックダウン)が続いている中国経済の悪化懸念が強まっており
こうした見方に拍車をかけるような結果になると、景気敏感株の比率が高い
日本株には重しとなりそうだ。一方、指標が下振れても、景気浮揚策への
期待が相場を下支えする可能性も想定される。

ほか、米国では3月住宅着工件数、ベージュブック(地区連銀経済報告)
などに注目。30年固定の住宅ローン金利が2011年2月以来となる5%台まで
上昇し、住宅ローンの申請件数は大きく減速してきている。
住宅着工件数の下振れ幅が大きいと、関連株の下落圧力として働きそうだ。
また、ベージュブックでの景気の先行きに対するコメント次第では、景気
後退懸念が改めて強まる可能性があろう。

米金利の動向にも目配りが欠かせない。インフレピークアウトの見方から
低下していた米10年債利回りは14日、再び2.8%台まで大きく上昇してきた。
きっかけとなったNY連銀総裁の発言は既知の内容だったにもかかわらず
これだけ大きな反応が表れるのは、未だに相場が不安定な状況にあることを
示唆しており、先行きには注意が必要だろう。

■投資家人気高い半導体は厳しい局面継続

景気後退と金融引き締めの懸念が同時にくすぶるなか、景気敏感株とグロース
(成長)株の特性を併せ持つ半導体関連株は引き続き厳しい展開が予想される。
半導体受託製造最大手の台湾積体電路製造(TSMC)が発表した決算は実績と
見通し共に好内容だったが、株価は冴えない反応だった。フィラデルフィア
半導体株指数(SOX)は14日、今年に入ってからの最安値を記録した。先行性
の高い半導体関連株の弱さが目立つなか、相場全体としても基調は弱いままと
捉えておいた方がよさそうだ。

■中国3月小売売上高、米ベージュブックなど

来週は18日に中国1-3月期国内総生産(GDP)
、中国3月鉱工業生産、中国3月小売売上高
19日に国際通貨基金(IMF)世界経済見通し発表、米3月住宅着工件数
20日に3月貿易収支、米3月中古住宅販売、ベージュブック
22日に3月全国消費者物価指数などが予定されている。

    
trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメントの投稿
Secre

カテゴリ
プロフィール

kinunsh

Author:kinunsh
FC2ブログへようこそ!

最新記事  本日の出来事
最新トラックバック
競輪当日出目予想
競輪当日出目予想無料配布 ダウンロ-ドしてお使いください。
ダウンロ-ド

出目決定率アップで競輪を楽しむ
競輪出目予想オリジナルデ-タ
競輪出目予想オリジナルデ-タです。 出目的中率を上げるデ-タ無料配布
長寿の秘訣・自己啓発
長生きには必須 自己啓発 本能活性化の回春剤に
自己啓発について
加齢と共に生きる難しさを
楽しく生きることにする。
今年も、新型コロナウイルスで
大変な事になって居ますが
人類が進化するには大事な事で
早く治療薬開発で収束する事。
大事な事は、自己免疫力を高める
事で感染を防ぐ、特に冬場は
体温が下がり、細胞活力が落ちす
ので、気を付けましょう。
また、最近熱がでる様ですが
免疫力の働きが効いています。
大丈夫です。

社会は、常に変化を遂げ
時代はすすむ。

ストレスを解消する手立てを。
まずは、目標を決めると良いだろう。
何事も意識する事で事が動く。
人々を楽しませる事が、根底にある事


新型コロナの中パワ-を
京都橘吹奏楽部パワ-UP
令和元年 新生橘高校吹奏学部始動
ハツラツ1年生も加わる大所帯に
新しいパワ-を貰おう。

ブラスエキスポ2019 パレ-ド
新1年生参加 初めての桜 街頭パレ-ド

東京ビックサイト アトリウムステージ
東京ビックサイトアトリウムステージ
屋外マ-チングパレ-ド


盲目の天才ピアニスト・辻井伸行
すがすがしい音、心が洗われる
新天皇 新元号「令和」
ベートーベン皇帝を聞いてみた。
ベートーベン“皇帝

彼のフリ-の曲は少ないが
コンサ-トペ-ジ
URL:FC2 奇跡の人辻井伸行

生活と健康
趣味のペ-ジ
PCについて、趣味のペ-ジで 技術的なお得なレポ-トを お届けします。

BS・BSジャパン・BSNHKプレミアム受信出来ず
今、12月開始の4K・8K放送設備に
よる機器の変更がBSで行われている
それに伴い周波数帯域の見直しも
行われていて、PT3.PX-系TS抜き
チュ-ナ-では設定を変更しないと
受信出来なくなっている。
変更を調べたので、こころあたりの
あるかは参考にして欲しい。
URL
設定変更サイト
長寿の秘訣・自己啓発
まぐまぐ メルマガ 
パソコン よろず勉強会のメルマガの購 読が出来ます。 PCの最新の情報が取得できます。