FC2ブログ

長寿の秘訣 自己啓発

高齢化社会を 快適に生きる知恵を 



長寿の秘訣 自己啓発>> インタ-ネット >> 国内株式市場見通し
2022-07-31

国内株式市場見通し

07-31 米ISM景気指数やOPECプラスに注目

■28000円が遠い、円高・ドル安が重荷
今週の日経平均は週間で113.02円安(-0.40%)と
4週ぶりに反落。先週に回復したばかりの52週移動
平均線を僅かに下回ったものの、26週線や200日
線上は維持した。

週初の日経平均は215.41円安と8日ぶりに反落。
連日の上昇の反動が意識されるなか、米7月の
総合購買担当者景気指数(PMI)速報値が約2年ぶりに
拡大・縮小の境界値となる50を割り込んだことで
景気後退懸念が重荷になった。
翌26日は44.04円安と小幅続落。米連銀各行が公表
する景気指標が軒並み予想を下回ったことや
米小売のウォルマートが業績予想の下方修正を
発表したことが投資家心理を悪化させた。

一方、27日は60.54円高と反発。国際通貨基金(IMF)
が成長率見通しを引き下げたことに加え、米国の
7月消費者信頼感指数や6月新築住宅販売件数が軒並み
予想を下回ったが、アルファベットとマイクロソフト
の決算が想定程に悪くなかったことで、安心感から
買い戻しが優勢となった。
28日は99.73円と続伸。連邦公開市場委員会(FOMC)
では予想通り0.75ptの利上げが決定。
あく抜け感が台頭したほか、パウエル連邦準備制度
理事会(FRB)議長が今後の利上げペースについて慎重
な姿勢を示したため、買い戻しが強まった。
ただ、日経平均は心理的な節目の28000円回復直後に
失速した。

週末29日は13.84円安と反落。
米4-6月期国内総生産(GDP)が2四半期連続でマイナス
成長となったが、FRBの大幅利上げを回避できるとの
期待から前日の米株式市場は続伸。FOMC直後に上昇して
も翌日以降に下落することの多かった米国株が続伸した
ことで、投資家心理が上向いた。
しかし、日経平均はこの日も寄り付き直後に28000円まで
上昇した後は失速し、28000円をすぐに割り込む展開。
決算を発表したアップルとアマゾン・ドット・コムが
揃って良好な内容から時間外取引で株価が大幅に上昇
していたものの、1ドル=132円台まで急速に進行した
円高・ドル安が重荷となった

■決算受けた個別株物色中心、米雇用統計に注目
来週の東京株式市場はもみ合いか。
週末に発表される米7月雇用統計を前に全体は様子見と
なりそうだ。国内では決算発表が本格化しており、決算
を受けた個別株物色が中心となろう。

他方、米サプライマネジメント協会(ISM)が発表する
7月製造業景気指数や中国7月財新製造業PMIなど重要な
景気指標が発表される。
米ISM製造業景気指数は前回6月分が予想を大きく下回って
大幅に悪化した。前月並みが予想されている7月分も更に
低下すると、投資家心理を悪化させそうだ。
中国財新PMIも、「ゼロコロナ」政策による行動制限が
続けていられるなか、今回の7月分は回復が鈍い可能性がある。
エネルギー価格の高騰に苦しんでいる欧州を含め、世界経済
の中心である米・中・欧の3地域の景気低迷は相場全体の
重荷になろう。

週半ば以降に予定されている石油輸出国機構(OPEC)加盟国
と非加盟国で構成されるOPECプラス会合と英国金融政策委員会
にも注目。
バイデン米大統領は先日、サウジアラビアのムハンマド皇太子
などと会談し、原油増産を要請したが、その後明確な増産
メッセージは伝えられていない。
OPECプラスの結果が米国の要請を意に介さない結果となれば
原油先物価格が再び上昇する可能性がある。
インフレが加速中の英国では大幅な利上げの可能性があり
利上げ幅によっては再びグローバルな金融引き締め懸念が
台頭する可能性があろう。

7月FOMC後、FRBのパウエル議長は次回9月会合の利上げ幅は
「経済データ次第」とした。
議長は会見で消費や雇用の減速を認識したこともあり、市場
は景気後退に伴う利上げペース減速への期待を高めている。
しかし、FRBは依然としてインフレ抑制を最優先事項として
掲げている。その物価指標にまだ明確な減速の兆しは見られて
いない。インフレピークアウトの根拠とされる資源価格の下落
も、足元では一服。むしろ、原油先物価格は反発しており
天然ガス価格は欧米で急騰中だ。
米雇用統計での平均賃金の伸びも高水準が続いている。
週末に発表される雇用統計で平均賃金に減速の傾向が確認され
なければ、翌週8月10日に控える米7月消費者物価指数(CPI)
の発表を前に再び警戒感が高まりそうだ。

米国では主要株価3指数が揃って100日移動平均線を回復。
「悪いニュースは良いニュース」といった捉え方が続いており
買い戻しや商品投資顧問(CTA)などの買いも入っているようだ。
しかし、主要企業の決算を大方終え、材料不足のなか、行き
過ぎた悲観の修正が長期化するとは考えにくい。
日経平均も大きくリバウンドしてきたが、節目の28000円回復には
至っておらず、一段高には材料不足の様子。
これまで欧米株対比での日本株の底堅さに繋がってきた為替の円安
・ドル高もピーク時に付けた1ドル=139円台から大きく円高・ドル安
に傾いてきており支援要因が無くなってきている。
景気後退懸念が深まるなか、グローバルな景気敏感株とも称される
日本株にとっては逆風が強くなっているともいえ、日経平均の28000円
定着には時間がかかりそうだ。

■米ISM景気指数、米雇用統計、OPECプラスなど
来週は8月1日に7月新車販売台数、中国7月財新PMI
、米7月ISM製造業景気指数
3日に米6月製造業受注、米7月ISM非製造業景気指数、OPECプラス会合
4日に英国金融政策委員会、米6月貿易収支
5日に6月毎月勤労統計調査 、米7月雇用統計、米6月消費者信用残高
などが発表予定。

    
trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメントの投稿
Secre

カテゴリ
プロフィール

kinunsh

Author:kinunsh
FC2ブログへようこそ!

最新記事  本日の出来事
最新トラックバック
競輪当日出目予想
競輪当日出目予想無料配布 ダウンロ-ドしてお使いください。
ダウンロ-ド

出目決定率アップで競輪を楽しむ
競輪出目予想オリジナルデ-タ
競輪出目予想オリジナルデ-タです。 出目的中率を上げるデ-タ無料配布
長寿の秘訣・自己啓発
長生きには必須 自己啓発 本能活性化の回春剤に
自己啓発について
加齢と共に生きる難しさを
楽しく生きることにする。
今年も、新型コロナウイルスで
大変な事になって居ますが
人類が進化するには大事な事で
早く治療薬開発で収束する事。
大事な事は、自己免疫力を高める
事で感染を防ぐ、特に冬場は
体温が下がり、細胞活力が落ちす
ので、気を付けましょう。
また、最近熱がでる様ですが
免疫力の働きが効いています。
大丈夫です。

社会は、常に変化を遂げ
時代はすすむ。

ストレスを解消する手立てを。
まずは、目標を決めると良いだろう。
何事も意識する事で事が動く。
人々を楽しませる事が、根底にある事


新型コロナの中パワ-を
京都橘吹奏楽部パワ-UP
令和元年 新生橘高校吹奏学部始動
ハツラツ1年生も加わる大所帯に
新しいパワ-を貰おう。

ブラスエキスポ2019 パレ-ド
新1年生参加 初めての桜 街頭パレ-ド

東京ビックサイト アトリウムステージ
東京ビックサイトアトリウムステージ
屋外マ-チングパレ-ド


盲目の天才ピアニスト・辻井伸行
すがすがしい音、心が洗われる
新天皇 新元号「令和」
ベートーベン皇帝を聞いてみた。
ベートーベン“皇帝

彼のフリ-の曲は少ないが
コンサ-トペ-ジ
URL:FC2 奇跡の人辻井伸行

生活と健康
趣味のペ-ジ
PCについて、趣味のペ-ジで 技術的なお得なレポ-トを お届けします。

BS・BSジャパン・BSNHKプレミアム受信出来ず
今、12月開始の4K・8K放送設備に
よる機器の変更がBSで行われている
それに伴い周波数帯域の見直しも
行われていて、PT3.PX-系TS抜き
チュ-ナ-では設定を変更しないと
受信出来なくなっている。
変更を調べたので、こころあたりの
あるかは参考にして欲しい。
URL
設定変更サイト
長寿の秘訣・自己啓発
まぐまぐ メルマガ 
パソコン よろず勉強会のメルマガの購 読が出来ます。 PCの最新の情報が取得できます。