FC2ブログ

長寿の秘訣 自己啓発

高齢化社会を 快適に生きる知恵を 



長寿の秘訣 自己啓発>> ニュ-ス >> 新型コロナ・コロナ第7波死亡容体の変化
2022-09-12

新型コロナ・コロナ第7波死亡容体の変化

09-12 基礎疾患や全身状態が悪化して亡くなる

新型コロナウイルスの第7波では、感染者数の
減少傾向が続く一方で、死亡する人の数は連日
200人を超えるなど、依然として多い状況が
続いています。
一方で医療現場からは、コロナによる肺炎が悪化
して重症化するケースが多かった第5波までとは
異なり、基礎疾患や全身状態が悪化して亡くなる
高齢の患者が多く、死亡に至る患者の容体の傾向
が変化しているとする指摘が相次いでいて、感染症
の専門医は「コロナの治療に対応するだけでなく
病状のこまやかな見極めを行うなど総合的な診療へ
の対応が必要だ」としています。

中等症を中心に新型コロナの患者を受け入れてきた
東京・北区の「東京北医療センター」では、現在の
入院患者のほとんどは軽症と中等症だということです。

病院によりますと、ことしに入ってから亡くなった
患者は19人で、コロナによる肺炎で死亡した人は
いなかったということです。

19人のうち、7月以降の第7波で亡くなったのは4人で
このうち基礎疾患があった80代の男性は入院後にコロナ
による症状は回復したものの、その後敗血症を発症し
全身の状態が悪化して亡くなりました。

第5波までは肺炎が重症化して亡くなるケースがほとんど
でしたが、第7波では、高齢の患者が感染をきっかけに
持病が悪化したり、全身が衰弱したりして亡くなる
ケースが大半だということです。

東京北医療センターの宮崎国久医師は「去年までは中等症
の患者が一定の割合で重症化していたが、現在はほとんど
が軽症と中等症となっている。ただ、感染の数が増えすぎる
と、いくら軽症といっても亡くなる方は間違いなく増える
ので、全体でワクチン接種を進めることが重要だ」と
話しています。

専門家「今後は介護やリハビリ含めた総合的な診療が必要」
一方、重症患者の命を救うための治療に当たってきた医療
機関でも、こうした傾向の変化は顕著に表れています。

埼玉県川越市にある「埼玉医科大学総合医療センター」では
第5波では人工呼吸器が必要な患者が最も多い時で8人いました
が、第6波と第7波では最も多い時でもそれぞれ1人ずつと大幅に
減ったということです。

また、第5波では肺炎が重症化した40代や50代の患者に人工呼吸器
の使用や抗ウイルス薬「レムデシビル」の投与などの治療を行う
ケースも目立ちましたが、現在は高齢の患者が中心で、大半が
軽症や中等症だということです。

一方、新型コロナの重症度としては「軽症」「中等症」であって
も、こうした高齢の患者は基礎疾患の悪化や体力の衰えで別の
感染症に感染するケースも多いということです。

埼玉医科大学総合医療センター感染症科の岡秀昭教授は「第5波
までは治療しだいで助けられるというケースがあったが、現在は
いくら手を尽くしても寿命が尽きるように亡くなる方が多い」
と話しています。

また、こうした傾向の変化を踏まえた課題について、岡教授は
「高齢者はコロナによる高熱で体に大きなストレスがかかり
基礎疾患が悪化するケースがあるので、病状のこまやかな見極
めが重要になってくる。これまでは主にコロナの治療にだけ
対応していればよかったが、今後は縦割りの専門分野に細分化
した医療ではなく、介護やリハビリも含めた総合的な診療への
対応が必要だ」と指摘しています。

新型コロナ “第6波”以降 中等症からの死亡が増加 90%近くに
ことし初めからの新型コロナウイルスの第6波以降、コロナの症状
が中等症で亡くなる人の割合が増えたことが、国立国際医療研究
センターが全国の患者のデータを分析した結果、分かりました。

ワクチン接種が進むなどして重症化する患者の割合が減った一方
持病のある人がコロナ感染をきっかけに全身状態が悪化して
亡くなるケースが多くなっているとしています。

国立国際医療研究センターは、先月下旬までに全国各地の医療機関
に入院した7万人余りのうち、亡くなった2861人の経過を分析しました。

その結果、コロナによる肺炎が悪化し人工呼吸器が必要になるなど
重症だったのは、去年夏の第5波では亡くなった患者のうちの42%
だったのが、ことし初めからの第6波では13%と減少していました。

さらに、ことし夏の第7波では分析を行った時点で亡くなった人は
少なかったものの、重症だった人は5%でした。

一方で、中等症だったのは第5波では57%だったのに対し、第6波で
83%、第7波で89%と増加していてワクチン接種が進んだことなどで
重症の肺炎になる患者が減った一方、コロナ感染をきっかけに持病
が悪化して亡くなる患者が多くなっているとしています。

分析した大曲貴夫国際感染症センター長は「中等症でも、特に持病
のある高齢者は、臓器の働きが悪くなって衰弱し亡くなる人が目立つ。
『コロナは死ぬような怖い病気ではなくなった』という意見もあるが
現場ではコロナにかからなければ亡くなることはなかったという
ケースばかりだ。なるべくかからないよう対策し、ワクチン接種で
重症化を回避することを続ける必要がある」と話しています。

    
trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメントの投稿
Secre

カテゴリ
プロフィール

kinunsh

Author:kinunsh
FC2ブログへようこそ!

最新記事  本日の出来事
最新トラックバック
競輪当日出目予想
競輪当日出目予想無料配布 ダウンロ-ドしてお使いください。
ダウンロ-ド

出目決定率アップで競輪を楽しむ
競輪出目予想オリジナルデ-タ
競輪出目予想オリジナルデ-タです。 出目的中率を上げるデ-タ無料配布
長寿の秘訣・自己啓発
長生きには必須 自己啓発 本能活性化の回春剤に
自己啓発について
加齢と共に生きる難しさを
楽しく生きることにする。
今年も、新型コロナウイルスで
大変な事になって居ますが
人類が進化するには大事な事で
早く治療薬開発で収束する事。
大事な事は、自己免疫力を高める
事で感染を防ぐ、特に冬場は
体温が下がり、細胞活力が落ちす
ので、気を付けましょう。
また、最近熱がでる様ですが
免疫力の働きが効いています。
大丈夫です。

社会は、常に変化を遂げ
時代はすすむ。

ストレスを解消する手立てを。
まずは、目標を決めると良いだろう。
何事も意識する事で事が動く。
人々を楽しませる事が、根底にある事


新型コロナの中パワ-を
京都橘吹奏楽部パワ-UP
令和元年 新生橘高校吹奏学部始動
ハツラツ1年生も加わる大所帯に
新しいパワ-を貰おう。

ブラスエキスポ2019 パレ-ド
新1年生参加 初めての桜 街頭パレ-ド

東京ビックサイト アトリウムステージ
東京ビックサイトアトリウムステージ
屋外マ-チングパレ-ド


盲目の天才ピアニスト・辻井伸行
すがすがしい音、心が洗われる
新天皇 新元号「令和」
ベートーベン皇帝を聞いてみた。
ベートーベン“皇帝

彼のフリ-の曲は少ないが
コンサ-トペ-ジ
URL:FC2 奇跡の人辻井伸行

生活と健康
趣味のペ-ジ
PCについて、趣味のペ-ジで 技術的なお得なレポ-トを お届けします。

BS・BSジャパン・BSNHKプレミアム受信出来ず
今、12月開始の4K・8K放送設備に
よる機器の変更がBSで行われている
それに伴い周波数帯域の見直しも
行われていて、PT3.PX-系TS抜き
チュ-ナ-では設定を変更しないと
受信出来なくなっている。
変更を調べたので、こころあたりの
あるかは参考にして欲しい。
URL
設定変更サイト
長寿の秘訣・自己啓発
まぐまぐ メルマガ 
パソコン よろず勉強会のメルマガの購 読が出来ます。 PCの最新の情報が取得できます。