FC2ブログ

長寿の秘訣 自己啓発

高齢化社会を 快適に生きる知恵を 



長寿の秘訣 自己啓発>> ニュ-ス >> 台風14号北上九州に接近
2022-09-18

台風14号北上九州に接近

09-18 九州南部にかなり接近
鹿児島県に暴風 波浪 高潮の特別警報

台風14号 鹿児島県に暴風 波浪 高潮の
特別警報 最大級の警戒を

大型で非常に強い台風14号は奄美地方と種子島
・屋久島地方の一部を暴風域に巻き込みながら
北上していて、19日にかけて九州にかなり接近し
上陸するおそれがあります。
台風の接近によって数十年に一度しかないような
大規模な災害の発生の可能性があるとして
気象庁は鹿児島県に暴風と波浪、高潮の特別警報
を発表しています。
過去に例がない危険な台風で、大規模な災害が
発生するおそれが高まっていて、高い場所や頑丈
な建物など安全な場所で過ごしてください。

気象庁によりますと、大型で非常に強い台風14号は
18日午前6時には鹿児島県の屋久島の南南東160キロ
の海上を1時間に20キロの速さで北北西へ進んでいるとみられます。

中心の気圧は920ヘクトパスカル、中心付近の最大風速
は50メートル、最大瞬間風速は70メートルで中心の
北東側185キロ以内と南西側165キロ以内では
風速25メートル以上の暴風が吹いています。

鹿児島県の奄美地方の一部と種子島・屋久島地方が暴風域
に入っているほか、九州や四国など西日本の広い範囲や
東日本の一部が風速15メートル以上の強風域に入っています。

台風の接近にともなって九州を中心に風が強まっていて、
▽屋久島町尾之間では午前3時半に39.5メートル
▽鹿児島市では午前2時30分すぎに30.4メートルの
最大瞬間風速を観測しました。

九州を中心に台風の発達した雨雲がかかっていて
午前5時までの1時間には
▽鹿児島県が屋久島町に設置した雨量計で39ミリ
▽宮崎県が椎葉村に設置した雨量計で38ミリの激しい雨を
観測しました。

これまでの雨で鹿児島県では土砂災害の危険性が非常に
高まり「土砂災害警戒情報」が発表されています。

台風はこのあと北上を続け19日にかけて九州にかなり接近
して上陸するおそれがあります。

気象庁は過去に例がないような危険な台風で、鹿児島県
では数十年に一度しかないような大規模な災害の発生の
可能性があるとして、暴風と波浪、高潮の特別警報を
発表し、最大級の警戒を呼びかけています。

また、台風の接近に伴い九州北部や宮崎県でも特別警報
の可能性があるほか、それ以外の地域でも記録的な暴風
や高潮、大雨となるおそれがあるととしています。

台風は九州に接近したあと進路を東よりに変え、20日
火曜日にかけて本州付近を北東に進むと予想され
西日本から北日本の広い範囲で台風の影響を受ける
おそれがあります。

九州などで猛烈な風 海上は猛烈なしけ 高潮も
19日にかけて九州南部と奄美地方、九州北部を中心に
一部の住宅が倒壊するおそれのある猛烈な風が吹く
見込みです。

台風は「大型」のため、中心から離れた場所でも風が
強まるおそれがあります。
18日に予想される最大風速は
▽九州南部と北部、奄美地方で50メートル
▽四国で25メートル
▽中国地方で23メートル
▽近畿で20メートルとなっています。

また、最大瞬間風速は
▽九州南部と北部、奄美地方で70メートルに達するほか
▽四国と中国地方で35メートル
▽近畿で30メートルと予想されています。

19日も広い範囲で暴風が続き最大風速は
▽九州北部で50メートル
▽九州南部と中国地方で40メートル
▽四国と近畿で30メートル
▽北陸で25メートル
▽奄美地方と東海で23メートルと予想され
最大瞬間風速は
▽九州北部で70メートル
▽九州南部と中国地方で60メートル
▽四国地方と近畿で45メートル
▽奄美地方、東海、北陸で35メートルと予想されています。

その後20日は西日本や東日本でさらに風が強まる見込みです。

海上はうねりを伴って波が高く
18日は▽九州南部で14メートル▽奄美地方と九州北部
四国で12メートル▽近畿で9メートルの猛烈なしけとなり
▽沖縄県で8メートル▽東海で7メートル▽関東甲信で5メートル
と東日本でも大しけが予想されています。

19日も九州と四国、近畿で10メートル以上の猛烈な
しけが続く見込みです。

西日本では19日にかけて潮位が高くなる見込みで
高潮と高波が重なり合って浸水するおそれもあります。
特に海岸や河口付近の低地では厳重な警戒が必要です。

線状降水帯発生で記録的大雨のおそれも
台風周辺や本体の発達した雨雲がかかり続け、19日にかけ
て西日本や東日本の太平洋側を中心に猛烈な雨や非常に
激しい雨が降り、大雨となる見込みです。

特に九州南部と奄美地方では18日、九州北部と四国では
19日にかけて発達した雨雲が次々と連なる「線状降水帯」
が発生し、大雨の危険度が急激に高まる可能性があります。

18日夜遅くまでの24時間に降る雨の量は、いずれも多い
ところで▽九州南部で600ミリ、▽四国で500ミリ
▽奄美地方と九州北部、東海で300ミリ、▽近畿で200ミリ
▽関東甲信で180ミリ、▽中国地方で100ミリと予想
されています。

その後さらに19日夜遅くまでの24時間にはいずれも多い
ところで▽四国で300ミリから500ミリ、▽九州北部と近畿
東海で300ミリから400ミリ、▽中国地方で200ミリから
300ミリ、▽九州南部、関東甲信で100から200ミリ
▽奄美地方と北海道で100ミリから150ミリの雨が降る
見込みです。

気象庁は九州北部と南部では記録的な大雨となり大雨の
特別警報を発表する可能性があるとしていて、土砂災害や
低い土地の浸水、川の増水に厳重に警戒し、状況が悪化
する前に避難するよう呼びかけています。

特別警報の市町村
暴風の特別警報は、薩摩地方と大隅地方、種子島・屋久島
地方のすべての市町村に出ています。

発表されているのは
▽鹿児島市▽日置市▽いちき串木野市▽阿久根市▽出水市
▽伊佐市▽長島町▽薩摩川内市▽霧島市▽姶良市▽さつま町
▽湧水町▽枕崎市▽指宿市▽南さつま市▽南九州市▽曽於市
▽志布志市▽大崎町▽鹿屋市▽垂水市▽東串良町▽錦江町
▽南大隅町▽肝付町▽西之表市▽三島村▽中種子町▽南種子町
▽屋久島町です。

波浪の特別警報は、薩摩地方と大隅地方種子島・屋久島地方
の沿岸部のすべての市町村に出ています。

発表されているのは
▽鹿児島市▽日置市▽いちき串木野市▽阿久根市▽出水市
▽長島町▽薩摩川内市▽霧島市▽姶良市▽枕崎市▽指宿市
▽南さつま市▽南九州市▽志布志市▽大崎町▽鹿屋市
▽垂水市▽東串良町▽錦江町▽南大隅町▽肝付町▽西之表市
▽三島村▽中種子町▽南種子町▽屋久島町です。

高潮の特別警報が発表されているのは、
▽阿久根市▽長島町▽肝付町▽中種子町です。

急激な状況悪化も
台風の接近に伴い九州では、まだ雨や風が強まっていない
地域でも、このあと急激に状況が悪化して避難が難しくなる
可能性があります。

雨や風が強まる前に、物が飛ばされないように建物の中に
入れたり、ハザードマップで身の回りの災害のリスクや
避難場所を確認したりするほか、側溝や排水溝を掃除
土のうや水のうを用意するなど対策を進めてください。

旅行先などでは災害の危険性や自治体からの情報を把握
しづらく、避難などの行動に時間がかかることも想定
されます。

台風が接近する地域では不要不急の外出はなるべく控え
どうしても出かける場合には安全な場所に移動できるよう
スケジュールの見直しも視野に最新の気象情報を確認する
ことが大切です。

「台風の特別警報」 沖縄以外では初めて
「台風の特別警報」は数十年に1度しかないような勢力で
日本に接近すると予想される際に発表されます。
沖縄県以外に発表されたのは平成25年に運用が始まってから
初めてです。

発表の基準は中心の気圧が930ヘクトパスカル以下、または
最大風速が50メートル以上に達する台風の接近が予想される
場合で、暴風、高潮、波浪を対象に発表されます。

台風が来る頻度が高い沖縄地方、奄美地方、小笠原諸島は
中心の気圧が910ヘクトパスカル以下、または最大風速が
60メートル以上となっています。

大雨特別警報との違い
ことし8月の大雨などで発表された大雨の特別警報は、すでに
大雨が降り状況が極めて悪化した状態で発表されるのに対し
台風の特別警報は状況が悪化する「前」、台風の中心が対象
とする地域に達する12時間前に発表されます。

これまで、台風の特別警報が発表されたのは平成26年の台風8号
と平成28年の台風18号の2回で、いずれも沖縄県が対象でした。

九州に発表されたのは初めてです。
特別警報待たず早めの避難を
台風の特別警報が発表される場合は対象となる県や地域にすでに
出されている暴風、波浪、高潮の警報が、特別警報となります。

例えば、暴風や波浪の特別警報が発表されたあとから高潮の特別
警報が発表される可能性もあります。

これとは別に記録的な大雨が降った場合は、大雨の特別警報が
発表される場合もあります。

ただし暴風雨の中で移動することは困難です。

雨や風が強くなる前に危険な場所から離れ、避難してください。

特別警報が発表されていない地域でも、特別警報を待たず、海岸
や川の近く、周囲より低い土地、それに崖の近くに住む人は早め
の避難を心がけてください。

「第2室戸台風」「伊勢湾台風」を超える強さか
台風14号は大型で非常に強い勢力を維持したまま19日にかけて
九州に接近する見込みです。

中心の気圧は920ヘクトパスカルで、このまま九州に上陸すると
気象庁が統計を取り始めた1951年以降の台風としては日本に
上陸した際やその直前の中心気圧が最も低い台風となる
おそれがあります。

過去の台風を見てみると、最も中心気圧が低かった台風は1961年
の(昭和36年)9月の台風18号「第2室戸台風」で925ヘクトパスカル
でした。

このとき高知県の室戸岬では最大瞬間風速84.5メートル以上を観測
したほか、大阪市で50.6メートルの最大瞬間風速を観測するなど
して死者・行方不明者はおよそ200人に上りました。

2番目は1959年(昭和34年)9月の台風15号「伊勢湾台風」で
929ヘクトパスカルです。
この台風では大規模な高潮が発生するなどして伊勢湾を中心に
死者・行方不明者は5000人を超え、台風による被害としては
最悪となっています。

気象庁は九州に接近している台風14号が第2室戸台風や伊勢湾台風
と比べて中心気圧が低いことから「過去に類似の台風がないほど
危険な台風だ」として厳重な警戒を呼びかけています。

なお統計開始前の参考記録ですが、1934年9月の「室戸台風」が
室戸岬で911ヘクトパスカルを、1945年(昭和20年)9月の
「枕崎台風」が鹿児島県の枕崎市で916ヘクトパスカルを観測しています。

    
trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメントの投稿
Secre

カテゴリ
プロフィール

kinunsh

Author:kinunsh
FC2ブログへようこそ!

最新記事  本日の出来事
最新トラックバック
競輪当日出目予想
競輪当日出目予想無料配布 ダウンロ-ドしてお使いください。
ダウンロ-ド

出目決定率アップで競輪を楽しむ
競輪出目予想オリジナルデ-タ
競輪出目予想オリジナルデ-タです。 出目的中率を上げるデ-タ無料配布
長寿の秘訣・自己啓発
長生きには必須 自己啓発 本能活性化の回春剤に
自己啓発について
加齢と共に生きる難しさを
楽しく生きることにする。
今年も、新型コロナウイルスで
大変な事になって居ますが
人類が進化するには大事な事で
早く治療薬開発で収束する事。
大事な事は、自己免疫力を高める
事で感染を防ぐ、特に冬場は
体温が下がり、細胞活力が落ちす
ので、気を付けましょう。
また、最近熱がでる様ですが
免疫力の働きが効いています。
大丈夫です。

社会は、常に変化を遂げ
時代はすすむ。

ストレスを解消する手立てを。
まずは、目標を決めると良いだろう。
何事も意識する事で事が動く。
人々を楽しませる事が、根底にある事


新型コロナの中パワ-を
京都橘吹奏楽部パワ-UP
令和元年 新生橘高校吹奏学部始動
ハツラツ1年生も加わる大所帯に
新しいパワ-を貰おう。

ブラスエキスポ2019 パレ-ド
新1年生参加 初めての桜 街頭パレ-ド

東京ビックサイト アトリウムステージ
東京ビックサイトアトリウムステージ
屋外マ-チングパレ-ド


盲目の天才ピアニスト・辻井伸行
すがすがしい音、心が洗われる
新天皇 新元号「令和」
ベートーベン皇帝を聞いてみた。
ベートーベン“皇帝

彼のフリ-の曲は少ないが
コンサ-トペ-ジ
URL:FC2 奇跡の人辻井伸行

生活と健康
趣味のペ-ジ
PCについて、趣味のペ-ジで 技術的なお得なレポ-トを お届けします。

BS・BSジャパン・BSNHKプレミアム受信出来ず
今、12月開始の4K・8K放送設備に
よる機器の変更がBSで行われている
それに伴い周波数帯域の見直しも
行われていて、PT3.PX-系TS抜き
チュ-ナ-では設定を変更しないと
受信出来なくなっている。
変更を調べたので、こころあたりの
あるかは参考にして欲しい。
URL
設定変更サイト
長寿の秘訣・自己啓発
まぐまぐ メルマガ 
パソコン よろず勉強会のメルマガの購 読が出来ます。 PCの最新の情報が取得できます。