FC2ブログ

長寿の秘訣 自己啓発

高齢化社会を 快適に生きる知恵を 



長寿の秘訣 自己啓発>> ニュ-ス >> ロシアのミサイルポ-ランド領内着弾分析
2022-11-17

ロシアのミサイルポ-ランド領内着弾分析

11-17 ウクライナの防空ミサイルシステムの可能性
一応地政学リスク回避に動く

ポーランドの外務省は、日本時間の15日夜遅く
ウクライナとの国境に近い村にロシア製のミサイル
が落下し、2人が死亡したと発表しました。

ことし2月のロシアによる軍事侵攻以降
NATO=北大西洋条約機構の加盟国内で初めて犠牲者
が出たことになり、緊張が高まっています。

NATOのストルテンベルグ事務総長は日本時間の16日夜
記者会見を開き「初期の分析では、ロシアのミサイル
から国を守るためのウクライナの防空ミサイルシステム
によって引き起こされたとみられる。
ただ、はっきりさせたいのは、ウクライナの責任ではなく
不法な戦争を続けるロシアが責任を負っている」と述べました。

各国の対応やNATOの動きなどについて詳しくお伝えします。

ウクライナ大統領府顧問「隣国へのリスク増加もロシアの責任」
ウクライナのポドリャク大統領府顧問は16日、SNSへの投稿で
「ウクライナへの大規模なミサイル攻撃はロシアのみに責任がある。
隣国への急速なリスクの増加もロシアの責任だ」と述べました。

そのうえでウクライナを支援するヨーロッパ各国などに対して
「言い訳を探したり、重要な決定を先送りにする必要はない」
として、さらなる支援の継続を求めました。

ポーランド落下ミサイル NATO「ウクライナの防空ミサイルか」
NATO=北大西洋条約機構のストルテンベルグ事務総長は日本時間
の16日夜9時前から記者会見を開き、ポーランド国内に落下した
ミサイルに関連して「故意の攻撃であると示す情報も、ロシアが
NATOに対して軍事行動の準備を進めていることを示す情報もない」
と述べました。

そのうえで「初期の分析では、ロシアのミサイルから国を守るため
のウクライナの防空ミサイルシステムによって引き起こされたと
みられる。ただ、はっきりさせたいのは、ウクライナの責任ではなく
不法な戦争を続けるロシアが責任を負っている」と強調しました。

ポーランド ドゥダ大統領「意図的な攻撃の兆候見られず」
ポーランドのドゥダ大統領は16日、記者会見で、国内に落下した
ミサイルについて「ポーランドへの意図的な攻撃であるという
兆候は見られず、ウクライナの地対空ミサイルによるものとみられる」
と述べ、ロシアのミサイルを迎撃するためウクライナ軍が発射した
地対空ミサイルシステムS300の可能性があると指摘しました。

また、同じ会見で、モラウィエツキ首相は「北大西洋条約第4条の適用
の必要はないかもしれない」と述べて、NATO加盟国の領土や安全などが
脅かされている場合に対応を協議すると定めた北大西洋条約第4条の
対象になるか慎重に検討する考えを示しました。

ロシア大統領府「米大統領 抑制的でプロフェッショナルな反応」
ポーランド国内に落下したミサイルについて、ロシア大統領府のペスコフ
報道官は16日「われわれは、狂ったようなヒステリックな反応を目の
当たりにした。様々な国の高官が何が起きたのかなど考えないまま
声明を出した」と述べ、ロシアによるミサイルだったと指摘した
ウクライナやポーランドの対応を批判しました。

一方で、「アメリカ側とアメリカ大統領は抑制的で、はるかに
プロフェッショナルな反応だったことは注目すべきだ。
ポーランドなどほかの国々がヒステリックな反応だったのと
対照的だ」と述べました。

落下したミサイルについて、アメリカのバイデン大統領が
「軌道から考えると、ロシアから発射されたとは考えにくい」
と述べたことを含めてアメリカ側の今回の対応については一定
の評価を示したとみられます。

ポーランド首都ワルシャワで影響懸念する声
ポーランドの首都ワルシャワでは、ミサイルの落下を受けて
ウクライナ情勢への影響を懸念する声が多く聞かれました。

このうち、21歳の大学生の女性は「ウクライナはとても近いの
で、今回のようなことが起きるかもしれないと思っていました。
ただ、ロシアがポーランドを攻撃するとは思えません。
私たちはNATOの一員なので、もし攻撃されれば世界大戦になる
からです。2人の方が亡くなったのは残念ですが、今回は攻撃で
はないと思います」と話していました。

また、37歳の男性は「この悲劇的な出来事が私たちにどんな影響を
与えるのかわかりません。これはポーランドの国境での出来事と
いうだけではなく、NATO加盟国の国境で起きたことであり、これは
私たち全員に関わってくることです」と話していました。

ロシア国内からは批判や非難の声
ポーランド国内に落下したミサイルについてロシアの国営通信社などは
アメリカのAP通信を一斉に引用し「ウクライナから発射された」と
大々的に伝えています。

また、ロシアの前の大統領で安全保障会議のメドベージェフ副議長は16日
ツイッターで「西側諸国が、世界大戦が始まる可能性を高めていることを
証明している」と投稿しました。

ロシアのポリャンスキー国連次席大使は、SNSで「欧米が事実を無視し
すべてロシアのせいにするのは常とう手段だ」と指摘しています。

ロシアの議会下院で国際問題を担当する委員会のスルツキー委員長も
16日、SNSへの投稿で「ウクライナのゼレンスキー大統領は
『集団安全保障に対するロシアの攻撃だ』と叫んだが、攻撃したのは
ウクライナなのではないか」と批判しました。

こうしたロシア側の反応では、大規模なミサイル攻撃について触れずに
欧米側の対応を批判していますが、G20サミットでは、イギリスのスナク
首相がプーチン大統領がウクライナの市民に対する無差別攻撃を仕掛けた
と述べるなどロシアを非難する声が相次ぎました。

専門家「ウクライナとNATOの分断図るような情報戦も」
ポーランドに落下したミサイルについて、ロシアの安全保障に詳しい防衛省
防衛研究所の兵頭慎治政策研究部長は「ウクライナはロシア製の防空システム
『S300』を持っていて、ロシア製の迎撃ミサイルの破片ではないかという指摘
がある。きのうもロシアからウクライナ全土にミサイル攻撃が行われたので
迎撃するためにウクライナ側が発射したミサイルの一部の破片がポーランド
内に着弾したという見方が強まっている。ただ、今回の着弾がウクライナだけ
のものか、ロシアのミサイルも着弾している可能性はあるのか、慎重に
見極めていく必要がある」と話しています。

そのうえで「今回、ウクライナが保有するロシア製のミサイルのみが着弾した
としても、ウクライナ側が迎撃を行わざるを得なくなった原因はロシア側にある。
着弾の責任を、ポーランドやNATO全体としてどの程度認定していくのか、ある
いはしないのかは、かなり政治的な対応になるとみられる」と指摘しています。

また、落下したミサイルはロシアによる攻撃だとしてウクライナ側が批判して
いることについては「事実関係をめぐってウクライナとNATO加盟国の間で
温度差ができ始めている。そこはロシアからすると、つけいる余地が出てきた
ということで、ロシア側がウクライナの言動には信ぴょう性がないという形で
強くウクライナを非難し、ウクライナとNATOの分断を図るような形で情報戦を
仕掛けてくる可能性もある」と話しています。

ベルギー国防省「故意の攻撃だと示す情報ない」
ベルギー国防省は16日、声明を発表し、ポーランド国内で起きた爆発について
ロシアのミサイルに対してウクライナが対空システムで迎撃した結果起きた
可能性があるとしています。

そのうえで「現時点では、ポーランド国内の目標を故意にねらった攻撃だと
示す情報はない」と明らかにしています。

ロシア国防省「ウクライナ軍の地対空ミサイルシステムと確認」
ロシア国防省のコナシェンコフ報道官は16日、ポーランド国内に落下した
ミサイルについて「写真を分析した結果、ミサイルの破片はウクライナ軍
の地対空ミサイルシステムS300のものだと確認された」と主張しました。

そのうえで「われわれの攻撃はウクライナ領内で行われた」として
ポーランド国内にロシア軍のミサイルは飛んでいないと強調しました。

また「ウクライナや外国の当局からロシアのミサイルだとする声明が
出されたが、状況をエスカレートさせるための意図的な挑発行為だ」
と批判しました。

一方、ロシア軍が15日にウクライナ全土で行った攻撃について
コナシェンコフ報道官は「ウクライナ軍の指揮所やエネルギー関連施設
に対し、空と海から大規模な攻撃を行った」と述べました。

このうち、首都キーウ市内の集合住宅の一部が破壊されたことについては
「ミサイル攻撃は一度も行われていない。これは、ウクライナ軍の防空
システムから発射された対空ミサイルが落下したものだ」と述べ
ウクライナ軍の迎撃によって起きたものだと一方的に主張しました。

ウクライナ軍が奪還のヘルソン 大量の地雷の撤去作業進む
ウクライナ軍が奪還したヘルソンでは、ロシア軍が撤退前に設置した
大量の地雷の撤去作業が進められています。

中心都市のヘルソンに向かう幹線道路の道路脇では、作業員たちが
地雷を探知する装置を地面に向けながら地雷がないか確認していました。

担当者によりますと、市民が戻って来られるように撤去作業を急ピッチ
で進めていて、特に道路や発電所、それに水道施設での確認を優先
しているということです。

    
trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメントの投稿
Secre

カテゴリ
プロフィール

kinunsh

Author:kinunsh
FC2ブログへようこそ!

最新記事  本日の出来事
最新トラックバック
競輪当日出目予想
競輪当日出目予想無料配布 ダウンロ-ドしてお使いください。
ダウンロ-ド

出目決定率アップで競輪を楽しむ
競輪出目予想オリジナルデ-タ
競輪出目予想オリジナルデ-タです。 出目的中率を上げるデ-タ無料配布
長寿の秘訣・自己啓発
長生きには必須 自己啓発 本能活性化の回春剤に
自己啓発について
加齢と共に生きる難しさを
楽しく生きることにする。
今年も、新型コロナウイルスで
大変な事になって居ますが
人類が進化するには大事な事で
早く治療薬開発で収束する事。
大事な事は、自己免疫力を高める
事で感染を防ぐ、特に冬場は
体温が下がり、細胞活力が落ちす
ので、気を付けましょう。
また、最近熱がでる様ですが
免疫力の働きが効いています。
大丈夫です。

社会は、常に変化を遂げ
時代はすすむ。

ストレスを解消する手立てを。
まずは、目標を決めると良いだろう。
何事も意識する事で事が動く。
人々を楽しませる事が、根底にある事


新型コロナの中パワ-を
京都橘吹奏楽部パワ-UP
令和元年 新生橘高校吹奏学部始動
ハツラツ1年生も加わる大所帯に
新しいパワ-を貰おう。

ブラスエキスポ2019 パレ-ド
新1年生参加 初めての桜 街頭パレ-ド

東京ビックサイト アトリウムステージ
東京ビックサイトアトリウムステージ
屋外マ-チングパレ-ド


盲目の天才ピアニスト・辻井伸行
すがすがしい音、心が洗われる
新天皇 新元号「令和」
ベートーベン皇帝を聞いてみた。
ベートーベン“皇帝

彼のフリ-の曲は少ないが
コンサ-トペ-ジ
URL:FC2 奇跡の人辻井伸行

生活と健康
趣味のペ-ジ
PCについて、趣味のペ-ジで 技術的なお得なレポ-トを お届けします。

BS・BSジャパン・BSNHKプレミアム受信出来ず
今、12月開始の4K・8K放送設備に
よる機器の変更がBSで行われている
それに伴い周波数帯域の見直しも
行われていて、PT3.PX-系TS抜き
チュ-ナ-では設定を変更しないと
受信出来なくなっている。
変更を調べたので、こころあたりの
あるかは参考にして欲しい。
URL
設定変更サイト
長寿の秘訣・自己啓発
まぐまぐ メルマガ 
パソコン よろず勉強会のメルマガの購 読が出来ます。 PCの最新の情報が取得できます。